ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
女子高生社長、経営を学ぶ。
【第20回】 2016年2月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役],椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

弱みを見せられないと好かれない

「かわいすぎる女子高生社長」として注目されている椎木里佳さん。パパは「鷹の爪」で有名なコンテンツ会社「ディー・エル・イー」の椎木隆太社長です。

 早くも増刷が決まり好評の『女子高生社長、経営を学ぶ』(ダイヤモンド社)は、上場企業の社長であるパパの「起業から上場まで」のストーリーを追いつつ、ビジネスの肝がわかりやすく学べる1冊。本連載はその中から一部をご紹介します。

(取材・構成:佐藤智、竹村俊介、撮影:小川孝行)

強がるだけでは嫌われる

里佳 成功物語の後にあれだけどさ、パパが起業したときマンガ雑誌のプロジェクトから追い出されちゃったじゃない? あれは何がマズかったの?

パパ そうだねー。そのときも自分は「人に好かれる明るい性格だ」っていう自信はあったんだけど。でも、やっぱり考え方がひとりよがりで、無駄に自信満々だった。

里佳 いまでも自信満々じゃない?

パパ うん……昔は、やっぱりそこに大きく足りないものがあった。謙虚さとかね。あと、人に絶対弱みを見せないようにしてたから。結局のところ、かわいがられなかったんだよね、きっと。放り出されるような存在だったと思う。

 「こいつ、強いって言ってるから別にいいんじゃね?」みたいな、ちょっと懲らしめてやった方がいいような存在。周囲と心の距離感もあったんだろうな。

里佳 強そうだから放り出される……?

パパ 今の若い人もそうかもしれないけど、他者とある程度の距離感を持って接するのが仕事というものなんじゃないかな、と思ってた。ナアナアになっちゃいけないと思うあまり、距離を変に取っちゃってたんだね。

 でも、やっぱりどこかでもっと心が近づかないとダメだったんだろうね。パパにはそういう能力が、当時すごく欠けていた。

里佳 仕事がどーのってことじゃなくて、性格とか人間的な問題ってこと?

ビジネスは自信と能力だけではうまくいかない

パパ うん、自信と能力だけでは、全然ダメなんだよ。自分が相手のことを心の底から尊敬する。そして自分自身も、「こいつと一緒ならどこまでも戦える」と思ってもらえるような人間にならなきゃいけなかった。相互にそう思えていないとダメになることが、当時はわかっていなかったんだよね。

里佳 今は変わったの?

パパ マンガ雑誌のプロジェクトから追い出され、さらに3年間の暗黒時代を経験してから、「鷹の爪」のフロッグマンと出会った。それで、「自分を信じてくれて島根から上京してくれたフロッグマンのためなら、俺、死ぬほど頑張れる」って思えたし、フロッグマンもきっとパパを尊敬してくれて「椎木さんを男にするために、俺は死んでも頑張る!」と思ってくれるほどの関係性になれたと思う。

里佳 熱いね!

パパ 一文無しに近くて社会的信頼度もほとんどゼロ状態の僕を信じてくれた人だったからね。「こんな俺でいいの?」っていう負い目もあった。そんなこと、起業した当初は絶対思わなかったよね。「絶対俺、成功するから!」っていう、変に自信満々な人間だったんだよ。

里佳 変わったね。「俺でいいの?」って(笑)。

パパ ほんとにそう。「こんな僕を本当に信じてくれるの?」「一緒にやってくれるの?」ってね。バツ3の男性が初婚の女性にプロポーズされるみたいな「こんな僕でもいいの?」的な感動(笑)。

 今では、その感謝の気持ちをちゃんと表現できるようになったし、「自分はこれに人生かけていて、なんとしてでもやりたいんだ」ということを、ちゃんと伝えることが大事だってわかった。

里佳 泣き言もいえるようになった?

パパ 自分の弱みは伝えられるようになったかな。そういう中でお互いが、「この人のためなら」っていう覚悟を持てる関係になることが大切なんだと思う。

 僕は本当にフロッグマンは戦友だと思ってる。会社で一緒に働く人を戦友って思うことは、昔はなかった。

里佳 戦友か……。同僚とか友達とかじゃなくて。

パパ そういう気持ちになれたのが、昔と今のすごく大きな違いだね。やっぱり昔は、人間的な魅力も深みもなかった。失敗経験もないし、なにか思い上がったところをまわりはすごく感じていたんだと思うな。

里佳 なんか今の私っぽいってパパに言われそう(笑)。やっぱり起業家は失敗して成長するのね。成功を重ね続けて人間的にも魅力や深みを増す方法ないのかしら……。

※明日に続きます

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役]

1997年生まれ。現役の高校3年生で、実業家。「女子高生社長」として知られ、都内の高校に通いながら、六本木ヒルズに事務所を置く株式会社「AMF」を経営。小学校のときにホリエモンの活躍を見て、社長業に興味を持つ。中学3年生のときに起業。現在は、学業のかたわら、スマートフォン向けアプリの開発や各種イベント企画プロデュースなどの事業活動を展開している。父は「鷹の爪」で有名なDLEの社長、椎木隆太氏。

椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

慶応義塾大学経済学部卒業。「秘密結社 鷹の爪」などをはじめとする、さまざまなキャラクターを保有。1991年4月ソニー株式会社入社。1992年よりソニーインターナショナルシンガポール駐在。1995年ソニーベトナム・ハノイ支社長就任。2001年ソニー株式会社退職後、有限会社パサニア(現株式会社ディー・エル・イー)を設立し、代表取締役就任。現在に至る。


女子高生社長、経営を学ぶ。

女子高生社長として知られる椎木里佳さんが、上場企業の社長であるパパに経営を学ぶ!

「女子高生社長、経営を学ぶ。」

⇒バックナンバー一覧