ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最強の成功哲学書 世界史
【第2回】 2016年2月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
神野正史

“能ある鷹の「爪」の出し方”
『三國志』の名軍師に学ぶ処世術(2)

1
nextpage

「才能あるがゆえに、妬まれ、怖れられる」。突出した才を持ちながらも、「外様」ゆえの配慮を欠かさなかった、『三國志』の名軍師、賈詡。その処世術の真骨頂とは?世界史5000年の歴史から生まれた「15の成功法則」を記した『最強の成功哲学書 世界史』から見ていきましょう。

優秀なれど、
「外様」ゆえの配慮を欠かさない

前回は、『三國志』の名軍師、賈詡(かく)の「才あるがゆえに、才をひけらかさない」について見てきました。さて本日は、かつての宿敵、曹操(そうそう)の配下になってからのエピソードです。

 曹操の軍門に下ると、曹操は賈詡の才に惚れ込み、自らの参謀として迎え入れます。とはいえ賈詡は、曹操家臣団の中では何の地盤もない「外様」です。しかも、彼がまだ張繍(ちょうしゅう)の参謀だったころ、曹昂(そうこう)と曹安民(そうあんみん)という、曹操の身内を討ち取っていましたから、家臣団の中からも白眼視され、たいへん肩身が狭いものでした。

 ここでふつうなら、なんとか自分の地位を確立すべく、積極的に自分を売り込んで手柄を立てようと躍起になるものですが、賈詡はあくまで控えめ。曹操から下問されない限り答えませんし、答えるときも細心の注意を払って言葉を選びます。

「才能あるがゆえに、妬まれ、怖れられる」。どうやって才覚を発揮していけばいいのか?

 こうした細心の配慮があってこそ、賈詡は20年にわたって曹操に仕えることができたのです。

 曹操の幕下には、賈詡と対照的な人物、楊脩(ようしゅう)という人物がいました。彼もまた才に恵まれていましたが、それを隠そうとしません。あるとき、漢中を攻めあぐねていた曹操が「継戦か、撤退か」で悩んでいました。食事中も考え、鶏肉をつつきながら、ぽろっと口にします。

「鶏肋か……」

 ふつうなら聞き流すこの言葉を耳にした楊脩はただちに「丞相は撤退を考えておられる」と部下に告げ、早々に撤退の準備をさせます。部下が不審に思ってその理由を尋ねると、

“鶏肋は、骨と骨の間にまだ肉が残っていて惜しい気もするが、食べにくい割には身が少なく、ちまちま食べてみたところで腹がふくれるわけではない。漢中も、このまま諦めるのは惜しい気がするが、かといって苦労して取るに値する豊かな土地でもない、とお考えなのだ。”と答えます。

撤退命令を出す前から、すでに撤退準備を始めていたことをあとから知った曹操はたいそう不機嫌になります。

 「楊脩め、いちいちわしの心を先読みしおって!」

 こうしたことの積み重ねから、やがて曹操から疎まれるようになり、ついには処刑されてしまいます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


神野正史(じんの・まさふみ)

河合塾世界史講師。世界史ドットコム主宰。学びエイド鉄人講師。
ネットゼミ世界史編集顧問。ブロードバンド予備校世界史講師。
歴史エバンジェリスト。

1965年名古屋生まれ。既存のどんな学習法よりも「楽しくて」「最小の努力で」
「絶大な効果」のある学習法の開発を永年に渡って研究し、開発。
「世界史に暗記は要らない」という信念から作られた『神野式世界史教授法』は、
毎年、受講生から「〝歴史が見える〟という感覚が開眼する!」と、
絶賛と感動を巻き起こしている。

加えて、自身が運営する世界史専門のネット予備校「世界史ドットコム」は、
大学受験生はもちろん、「軽快なテンポで、歴史の流れがわかる! 」と
小中学生、社会人からも絶大な支持を得る超人気講座に。
また、「歴史エバンジェリスト」としての顔も持ち、TV出演、講演、雑誌取材、
ゲーム監修なども多彩にこなす。

著書に『世界史劇場』シリーズ(ベレ出版)、『世界史に強くなる古典文学の
まんが講義』(山川出版)、『爆笑トリビア解体聖書』(コアラブックス)などがある。


最強の成功哲学書 世界史

世界史こそ、最強の成功哲学書である。
世界史5000年の歴史から生まれた「15の成功法則」とは?
ナポレオン、ハンニバル、ビスマルク、ユスティニアヌス大帝etc
歴史に名を残す者たちは、なぜ偉業を達成できたのか?
「答え」はすべて、歴史の中に隠されている。
河合塾の有名世界史講師、神野正史による「世界史×自己啓発」連載!

「最強の成功哲学書 世界史」

⇒バックナンバー一覧