ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識

徹底検証!マンション価格の潮目はこう変わった

沖有人 [スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント]
【第14回】 2016年2月4日
1
nextpage
プロの目から見て、今まさにマンション価格の「潮目」が変わりつつある

 マンション市況を語る上で、見るべきデータは決まっている。また、その見方もプロはメディアの記者とは違う。これからマンションを買いたい人、売りたい人が知りたいことは、「現状把握」と「将来推計」である。どうすればいいのか。「プロの見極め方」をお披露目しよう。

 まず、最も一般的なデータは不動産経済研究所が発表している「マンション市場動向」だろう。テレビのニュースで毎回のように取り上げられている。これは新築マンションの供給状況を集計したもので、少なくとも市場全体の90%以上を把握している。

 主なデータは、供給戸数と平均価格と初月契約率の3つだ。この中では、初月契約率が特徴あるデータとして使われることが多い。しかし、このデータを参考にしている業界関係者は多くない。というのも、このデータは自己申告制で報告されたものなので、実態を完全には反映していないと思う向きが多いからだ。また業者は、初めから売れないほどの戸数を売り出すことはなく、初月契約率が下がるようなら供給戸数を減らすのが常套手段となっている。確かにこのデータは、好不調の目安が70%と言われるものの、ほとんどの月で70%を超えているのが実績になっている。

マンション動向を語る上で
真に見るべきは市場規模

 こうなると、不確実性を極力持たないデータを分析してみることが必要になる。筆者が見ているのは、市場規模だ。どう計算するかというと、「供給戸数×平均価格」で計算する。たとえば、2015年の首都圏の年間供給は9.9%減の4万0449戸で、平均価格は9.1%増の5518万円だったので、これを掛け合わせる。結果は2.23兆円で、前年の2.27兆円を下回っている。市場は前年よりもやや小さくなり、デベロッパーの売上は微減していることになる。

 この評価からは、昨年10月に発覚した「杭の偽装問題」が需要を冷え込ませていることがわかる。これがなければ市場規模は拡大しそうだっただけに、急ブレーキと言えよう。実際、12月の供給戸数は前年同月比で3200戸ほど少なくなっており、珍しく初月契約率も70%を割り込んでいる。これは少なくとも、0.1兆円以上の落ち込みとなっている。

 読者諸氏のなかには「不動産価格が上がっていると業況がいい」と思われる方が多いかもしれないが、業界は市場規模が大きくならないと業況がいいとは認識しない。実際のところは、この市場規模はほとんど変わらないのが一般的だ。2015年のデータに見るように、供給は9.9%減で平均価格が9.1%増ということは、価格が上がれば供給は減り、市場規模はほぼ同じになることがわかる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

沖有人(おき・ゆうじん) [スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント]

1988年、慶應義塾大学経済学部卒業後、2社を経て、1998年、現スタイルアクト株式会社を設立。マンション購入・売却者向けの「住まいサーフィン」は17万人以上の会員を擁する。「タワーマンション節税」などの不動産を使った節税の実践コンサルティングに定評があり、不動産分野でのベストセラー作家として講演・寄稿・取材・テレビ出演多数。主な著書に『マンションは10年で買い替えなさい』(朝日新書、2012年)、『マンションを今すぐ買いなさい』(ダイヤモンド社、2013年)、『タワーマンション節税! 相続対策は東京の不動産でやりなさい』(朝日新書、2014年)など。


ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識

不動産は個人資産の半分を占めるにもかかわらず、プロとの情報格差が大きい。この情報格差を少しでも解消できれば、個人はもっと多角的な視点から「よい物件」を選ぶことができ、将来を見据えた資産形成が可能となる。「自宅投資」「資産インフレ予測」「タワーマンション節税」などをメディアで提唱し、新たなムーブメントを起こしてきたスタイルアクト株式会社の沖有人代表取締役が、これまで蓄積した「不動産ビッグデータ」を基に、住宅の選び方に関する「新しい常識」を徹底指南する。スタイルアクトが自宅を投資になぞらえて情報提供している「住まいサーフィン」では、17万人の会員のうち、自宅査定ツールで7割が含み益を出していることから、資産形成した人数は12万人相当と想定される。株や投資信託のように学習することで、プロ顔負けの資産形成ができる手法はある。沖社長が次に提示する不動産の秘策は、これまで同様「早い者勝ち」となるかもしれない。

「ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識」

⇒バックナンバー一覧