ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ベンツは20万円で買え!
【第7回】 2016年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
加藤ひろゆき [激安不動産投資家]

つまらないローンのために
500円ランチを食べるのはやめよう

日本では、新品時だけ価格が異常に高く、中古になると値段が大きく下がる。

だが、それを使うときの価値は新品とさほど変わらない。この中古価格と使用価値との歪みに着目すれば、誰でもお金持ちになれるというのが『ベンツは20万円で買え!』の内容だ。「新品神話」を抱く日本人に多くのヒントを与えるエッセイの一部を紹介しよう。

市場の歪みをうまく使えば
安くていいものが見つかる

 新車であれば200万~300万円するクルマも、何年かたつと値段が落ちてきて、50万円くらいで買える。新車で1500万円以上する高級外車も、10年以上たてば、100万円以下で購入できることもある。

 新車は値段が決まっているが、中古車には定価がない。市場の歪みをうまく活用すれば、安くていいものが見つかる。

 印象深いマシンは、60万円で買ったクラウンマジェスタだ。本体価格が47万円で、諸費用が13万円だった。元々が高級車なので、造りはしっかりしている。建物にたとえると、建てつけがしっかりしているクルマだ。

 購入後7年で、6万5000キロ乗った。1万キロあたり10万円以下だ。1年あたりの価格も10万円以下である。安い買い物だった。消耗品の交換以外は、大きな故障もない。

 2012年に購入したメルセデス・ベンツSLK230というオープンカーも、新車で買えば490万~650万円である。しかし、10年を経てワタクシが買った価格は50万円だ。

 厳密にいうと、ホンダ・モビリオと、ダイハツ・ハイゼットという朽ち果てた軽のワンボックスカーの2台を下取りに入れたので、支払ったキャッシュはたったの20万円だった。

 工業製品としてのクルマは1990年代にほぼ完成されている。コンピュータによる電子制御が普及しているためだ。それ以降、デザインや大きさはさほど変わっていない。とくにメルセデスは、90年代以降のものは、クルマに詳しくない人が見ると、新型か旧型かの区別がつかない。

 「中古車はすぐに壊れる」という人もいるが、現代の中古車はそう簡単には壊れない。たとえ壊れたとしても、修理すればいいだけの話だ。心配性な人はディーラーで修理すればいいし、簡単な修理や整備は、近所の中古車屋かガソリンスタンドで実施すればいい。

 古い価値観に縛られたままだと、中途半端なつまらない新車をローンで購入し、毎月の支払いのために、月々の小遣いが減ってしまう。新車のローンの支払いのために、毎日、節約して500円以下のランチを食べるのも切ない。食事はたらふく食べたいものだ。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


加藤ひろゆき [激安不動産投資家]

ムービースターを夢見て、ハリウッドで200本のオーディションを受ける。マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージックビデオ、ホンダやコカ・コーラのCMなどに出演していた。米国スクリーン・アクターズ・ギルド(俳優協会)のメンバー。
渡米後6年間、頑張ってみたが、LA時代の後半は芸能の仕事も激減、財務がタイトになり、ホームレスになる直前だった。乗っていたキャディラックを売却して、航空券を購入。残った200ドルを握り締めて玉砕寸前で帰国。その後、つとめ人として再生を試みるが、アメリカナイズされた大和魂の受け皿はなく、挫折。うだつの上がらない人生から脱却するためには、不動産が必要だと感じた。安い中古車に乗って資金を貯め、大家業を目指し、激安アパート経営で再生。現在の所有物件は一戸建8軒、アパート2棟、商業ビル1棟、貸店舗3棟、貸駐車場2区画、更地5区画。
CASHFLOW101のハンドルネームでブログ(随筆)をほぼ毎日執筆中。
現在は北海道に住み、人生の煩わしさから解放されることを目指している。晴れた日には土地の開拓、あるいはマシンの走行実験を実施。雨の日には随筆を綴っている。
著書に『ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営』『300万円で大家になって地方でブラブラ暮らす法』(ダイヤモンド社)、『借金ナシではじめる激安アパート経営』『激安不動産を入手シテ豊かに暮らす方法』『田舎で大家になってシンプルに暮らす101の方法』(ぱる出版)、寄稿書に『知られざる坂井三郎』(学研パブリッシング)などがある。


ベンツは20万円で買え!

日本では、新品時だけ価格が高く、中古になると驚くほど安くなる。だが、使うときの価値は新品も中古も変わらない。この中古価格と使用価値との歪みに着目すれば、誰でもお金持ちになれる。今までにない「お金持ちのノウハウ」を紹介!

「ベンツは20万円で買え!」

⇒バックナンバー一覧