闇株新聞[2016年]
2016年2月8日公開(2016年2月8日更新)
バックナンバー
著者・コラム紹介

正体は明かしていない。
人気ブログ「闇株新聞」で「オリンパス事件」「AIJ投資顧問事件」といった経 済事件をきっかけに、信頼のおける解説でコアな読者をつかんでいる。 ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン(DPM)で有料メルマガ『闇株新聞プレミアム』を配信。
著書に『闇株新聞 the book』(ダイヤモンド社)など。

闇株新聞[2016年]

闇株新聞編集部
 

『闇株新聞』は、新聞、雑誌などの大メディアの経済記者や金融業界関係者、プロ級の個人投資家がひそかに情報源にしている。連載『週刊闇株新聞』では、ダイヤモンド社グループの有料メルマガ・DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)『闇株新聞プレミアム』で配信しているディープな闇株的考察のダイジェストや「闇から暴く相場の真実」というスタンスのもと株、為替、日本国債、世界経済の今後などについて解説していきます。

闇株新聞編集部

[米大統領選]民主・共和両党の候補者は誰に!?
トランプが敗れ混戦、ヒラリーは不安なスタート闇株新聞の2016年米大統領選ウォッチ

 2016年の米大統領選挙の民主・共和両党の候補者選びがアイオワ州の党員集会からスタートしました。2月9日にはニューハンプシャー州で予備選挙が行われ、主要州の予備選挙・党員集会が集中する3月1日の「スーパー・チューズデー」で両党の大統領候補はほぼ決します。政治経済に独自の視点で切り込む金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が、米大統領選を解説します!

共和党は暴言男トランプ氏が初戦落とし混戦
「スーパーチューズデー」まで目が離せない!

 米大統領選挙の候補者選びは短期決戦で、スタートダッシュ次第で思いもかけない候補者が選ばれることがあります。最近では2008年1月にバラク・オバマ氏がアイオワ州で最有力と言われていたヒラリー・クリントン氏に勝利し、そのまま大統領にまで上り詰めました。

 さて、今回のアイオワ州選挙ですが、共和党の候補者は早くも「有力」と予想された3候補に絞られたようです。保守派のテッド・クルーズ氏がトップを走っていたドナルド・トランプ氏を抑えて勝利し、本流とされるマルコ・ルビオ氏も肉迫しています。

 共和党の候補者選びは州により「トップ総取り方式」と「按分方式」があり、アイオワは後者なのでまだまだ横一線。混戦は3月1日のスーパー・チューズデーまで続きそうです。本紙はトランプ候補を含めた3候補の主張を比較し、またアイオワの結果を加味して考えると、最終的にはマルコ・ルビオ氏が残ると予想しています。

民主党の大本命ヒラリーは不安なスタート
「私用メール問題」の爆弾も抱えている!

 一方、民主党の候補者選びは「大本命」のヒラリー・クリントン氏が、自らを「民主社会主義者」と呼ぶバーニー・サンダース氏に肉薄されながらも辛うじて勝利しました。しかし、民主党の候補者選びはどの州も「按分方式」なので実質的には引き分けです。次のニューハンプシャー州はサンダース氏がリードしているため、クリントン氏にとっては大変不安なスタートになっています。

 クリントン氏は同じ民主党の現職・オバマ大統領の数少ない功績(国民皆保険制度「オバマケア」など)はちゃっかり自分の功績として取り込み、弱点(軟弱な外交政策など)は堂々と批判する「いいとこ取り」の戦略です。中国や中東に対する外交スタンスについては明言を避けるなど、大統領有力候補としての基本的な考え方は一切明らかにしていません。

 オバマ大統領は「クリントン支持」を表明したものの内心は良く思っていないようで、クリントン氏が国務長官在任中に公務で私的なアカウントを使った「私用メール問題」では、未公開メール22通を「トップシークレット(最高機密)」に指定してしまいました。クリントン氏はオバマ大統領に重要なメールを見せたくなくて私用メールを使ったようです。

 ここを本格的に追及されると致命傷になるかもしれませんが、相手がサンダース氏ならさすがに逃げきれるでしょう。「私用メール問題」で傷を負ったまま民主党候補に決まると前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が無所属で出馬してくるシナリオも言われていますが、可能性としてはほとんどないと考えます。

古今東西、政権選挙は「振り子」の如し
優柔不断なオバマの次に、該当者なし!?

 さて11月8日に行われる本選は、直前の政治・経済情勢が大きく影響するため、今から予想することは意味がありません。2008年の本選でも優勢だったベトナムの英雄・マケイン氏が経済音痴で、突如襲った金融危機への対応を聞かれてトンチンカンな答弁しかできず、オバマ氏に負けてしまいました。

 その2008年大統領選挙でオバマ氏が勝利した最大の要因は、好戦的でイラク戦争に踏み切ったブッシュ前大統領に対し、「反戦・停戦・米兵の引き上げ」を公約に掲げ、「これ以上、米国人を戦場で死なせない」と強く訴えたからです。

 米大統領選挙に限らず世界的に選挙というものは「振り子のように振れる」ものです。次期米大統領が好戦的であるかどうかはともかく、いろいろな意味で「強い」大統領が選ばれるはずです。

 しかし、民主党/共和党のどの候補者を見ても、そのイメージに「ピッタリ」な候補は見当たりません。米国だけではなく世界のこれからの4年(あるいは8年)をリードする米大統領のイメージは、ますます混沌としてきたようです。

 詳細は、闇株新聞プレミアムで随時お伝えしていきます。

※2/8月17時以降配信の闇株新聞プレミアムでは、「日銀のマイナス金利の是非と今後の株、為替の動向」について配信します。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!