ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

“採用ブランド”として認知される企業に!
中国インテリジェンス流「優秀な人材の獲得法」

――英創人材服務(上海)有限公司の金鋭総経理に聞く

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第25回】 2010年6月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

優秀な人材のとり合いが過熱し、「争奪戦」に陥っている中国。現地で優秀な社員を採用したいと考える日系企業は、苦心していることだろう。中国インテリジェンスのトップに、日系企業が失敗しない「採用の鉄則」を詳しく聞いた。

中国インテリジェンス(英創人材服務(上海)有限公司)の金鋭総経理は、現地で優秀な人材を探す日系企業の関係者に向け、「日系企業のよさをもっとアピールすべき」と力説する。

――中国ビジネスには、どのようなきっかけで関わるようになったのですか?

 私は、日本生まれ、日本育ちの華僑3世です。もともと起業志向が強かったのですが、就職活動で「リクルート」と運命的な出会いを果たし、新卒で入社しました。

 リクルートでは、中小企業の中途採用、大手企業の中途採用・新卒採用という順に、7年間がむしゃらに働き、トップ営業マンになりました。「サラリーマンだったらリクルートがいい。だったら起業はやめて、リクルートで社長を目指すのもいいかもしれない」と考えるようになっていました。

 ちょうど28、29歳のころ、リクルート社内で、中国プロジェクトがありました。常日頃から「日中の架け橋になりたい」と思っていた華僑出身の私は、強く希望してこのプロジェクトに配属されることになりました。プロジェクトでは、なかなか予算がつかないなか、出張を繰り返しながらそのほとんどを上海で過ごし、上司とともに上海でビジネスの立ち上げを行いました。

 そのとき、知人の紹介で中国の人材会社「上海創価諮詢」のトップである孫立平氏と知り合いました。孫氏は、現在弊社の創業経営者ですが、彼のビジネスに対する嗅覚には、深い感銘を受けました。そしてリクルートを退社し、孫さんとのビジネスを始めたのです。

 「中国でナンバー1の人材会社になる」という夢を抱きながら奮闘し、会社の売り上げを倍々ペースで伸ばしていきました。会社立ち上げから10年で、日本の人材サービス業界で2位の存在までに成長したインテリジェンスに出資をしてもらい、事業提携していくことになったのです。インテリジェンスが培ったノウハウ、仕組み、システムを弊社にも導入して、事業拡大スピードを上げようと思ったのです。

 現在弊社は、インテリジェンス中国として、日系企業を中心に、(ヘッドハンティングを含む)人材紹介ビジネスをやっています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧