ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

“やりがいのない仕事”を楽しむ方法はあるか

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第156回】 2016年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
あなたの仕事には、やりがいがありますか?

 「仕事にやりがいを感じない。意欲が湧かない」

 こんな嘆きの声を聞くことがあります。

 「クラブ活動に没頭していた学生時代のころのように夢中になることを探したい」

 と昔の自分を思い起こす人もいます。

 確かに多くの人にとって仕事は単調で刺激的でないと感じるかもしれません。しかし突然、自分の仕事にスポットライトが当たることもあります。今回はある企業がおこなった「仕事にやりがいを感じにくい社員」を変えた方法をご紹介しましょう。

サッカー日本代表と野球日本代表
同じように“ハレの舞台”じゃない?

 「こんな時期に強化試合なんて、選手が怪我したらどうしてくれる?」

 球団首脳陣からすれば、文句を言いたくなるような時期(3月5日、6日)に行われる侍ジャパンの強化試合。対戦相手は台湾で、その代表選手28人が先日発表されました。プロ野球のキャンプは2月に行われ、3月末には開幕するので、3月冒頭はオープン戦で試合しながら実戦に向けたテストをするタイミング。まさに仕上げの時期と言えます。チームとしてはレギュラーポジション選びが行われ、脱落すれば1年を棒に振る可能性もあります。

 当然ながら、この時期に怪我をするのは致命的。選手は1年の戦いに向けて、慎重かつ果敢な戦いの準備に追われているのです。そんなタイミングにチームを離脱して侍ジャパンの強化試合に出るメリットが選手にあるのでしょうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧