ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「引きこもり」するオトナたち

引きこもり10年以上が半数超え、
青森県調査の深刻な実態

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第255回】 2016年2月25日
1
nextpage
青森県で民間の家族会が引きこもりの実態を調査。当事者が高年齢化・孤独化する深刻な実態が浮き彫りになった

 青森県内の引きこもり当事者の引きこもり期間は、10年以上が半数以上、20年以上も1割を超えるなど、一段と長期化の進んでいる実態が、民間の家族会の調査で明らかになった。

 <社会からの孤立感や疎外感>を感じる人も半数を超えるなど、本人とともに家族もまた孤立感を深めている深刻な現実が伝わってくる。

 一方、相談機関に関する自由記述欄では、ハローワークの支援担当者について<マニュアル本を見ながら適当に答えていて、役に立たないと感じ、それ以来行っていない>などの声も寄せられるなど、最初の相談窓口の段階で当事者たちの思いを十分受け止めきれず、長期に潜在化させている実態も、改めて浮き彫りになった。

重い腰を上げない県に代わり
民間が調査、40代以上が3割超

 調査を行ったのは、青森県ではなく、民間の全国ひきこもりKHJ家族会連合会の「青森さくらの会」(下山洋雄代表)。

 同家族会が青森県立保健大学健康科学部の廣森直子講師の協力を得て、昨年11月20日から12月6日にかけ、同会に参加したことのある家族98人に対し、調査票を郵送。返送してもらう方法で行われ、7割以上の71人から回答を得た。

 調査票71票の中には、2人の引きこもり当事者が記入しているケースもあったため、それぞれ1票として集計された。

 自らも不登校・引きこもり経験のある当事者である下山代表によると、昨年の4月頃から、親御さんたちの中で「県内の引きこもりの人たちの状況を知る必要があるのではないか」という話が出たという。

 「元々、数年前から、県に対して“青森県レベルの引きこもり実態調査をしてほしい”とずっと訴えてきたんです。でも、県は“予算がない”などと言って、なかなか重い腰を上げようとしませんでした。県が“県内には6000人いる”と免罪符のように言い続けてきた根拠も、2010年の内閣府のデータから推計したものに過ぎず、疑問に感じています。隣接する秋田県藤里町の実態調査では10人に1人に上ったことから考えても、6000人をはるかに超えるのは間違いありません」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧