ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

提携先のトヨタは引き立て役?
米電気自動車ベンチャー「テスラ」が株式を公開
シリコンバレー流なら次はやっぱり大手への身売り

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第48回】 2010年7月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「Mission completed (任務完了)」。

 ティッカーシンボル(銘柄コード)は、TSLA。

 電気自動車メーカー、テスラモーターズ(米カリフォルニア州パロアルト市)は6月29日、米ナスダック市場に上場した。ウォールストリート・ジャーナル他での米報道によると、売り出し時の株価は17ドル、発行株数1330万株で総額226ミリオンドル(1ドル89円換算で、201億1400万円)となった。

次世代自動車というネタを
最大限活用した商品企画ビジネス

 同社の商法については、本連載でたびたび紹介してきた。

 そのなかでも、「世界の自動車関係者もびっくり仰天! トヨタと米電気自動車ベンチャー・テスラ提携の真実」(2010年5月26日掲載)では、同社の生い立ちに触れ、「テスラは、グーグル、ヤフーなど時代を大きく変えてしまうような革新的技術を伴うベンチャーとは違う」と書いた。よって、トヨタ自動車の豊田章男社長が、テスラとの提携発表会見の場や、それ以降に各メディアで語っている「テスラに、トヨタが失いかけている(自動車メーカーの)ベンチャーとしての活力を感じる」といった類の発言に、筆者は同意出来ない。

 テスラは、「次世代自動車というネタ」を最大限度活用した「商品企画ビジネス」である。2003年設立当初の「夢の自動車を製造するメーカーになる」という同社創業陣の思いは、過去の遺物だ。同社の現行経営陣の目的は、どう見ても、IPO(イニシャル・パブリック・オッファーリング/新規株式公開)であった。

 2008年末には、「事実上の倒産説」が全米で流れるほど経営が圧迫されていた。その後、ダイムラーからの資本参加、テスラ完全オリジナルの電気自動車5ドアハッチバック「モデルS」のコンセプトモデル公開、同車の製造に対する米DOE(エネルギー省)から低利子融資獲得、そしてトヨタとの技術・資本提携。同社はIPOに向けたロードマップを猛スピードで駆け上がってきた。そのミッションが、先日完了したのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧