ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方
【第136回】 2010年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

なぜアクティブ運用が生き残っているのか?

1
nextpage

 ツイッターのやりとりを見ていたら、あるインデックス投資家の、公的・私的な年金資金の双方が多かれ少なかれインデックスで運用されている事実を考えてみてください、という問いかけがあった。

 実際、公的年金の運用方針では、国内株式・外国株式の運用資金の7~8割程度をインデックス運用に振り向けることが多い。

 筆者流に整理すると、(1)低コストだから、(2)シンプルでわかりやすいから、(3)複数のアクティブ運用を用いると実質的にインデックス運用のような内容になるから、という3点が理由だ。

 年金基金がアクティブ運用を委託する場合、さすがに個人向けの投資信託のような年率1%を超えるほどの暴利を取られることはないが、運用手数料は運用資産額の30~40ベーシスポイント(1ベーシスポイントは100分の1%)くらいになることが珍しくない。これに対して、インデックス運用の手数料は、資金の大きさにもよるが10ベーシスポイントを切ることが珍しくない。

 加えて、資産配分計画を作成する際に用いられるベンチマーク(日本株ならTOPIXが多い)と同じ指数に対するインデックス運用を使うと、資産配分と個々の資産クラスの運用が整合的になって好都合だという理由もある。

 また、多数のアクティブ運用を用いると、絵の具をたくさん混ぜると灰色になってくるがごとく、合計された全体の性質がインデックス運用に似てくる現象がある。実質的にインデックス運用と変わらないなら、手数料の高く、管理が面倒なアクティブ運用を使うよりも、最初からインデックス運用にしてしまうほうが合理的だ。

 これら3つの理由に加えて、そもそも(4)アクティブ運用がインデックス運用に勝てないから、という現実的な理由もある。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

今週の週刊ダイヤモンド

2014年4月19日号

週刊ダイヤモンド最新号

定価710円(税込)

週刊ダイヤモンドのサイトへ
特集

LINE(全)解明 4億人突破 LINE快進撃

      
  • Part 1 LINE入門 「使えない」はもう許されない!
  • 組織の意思疎通を迅速に! 仕事でLINEを使い倒せ
  • 今日から使えるLINEの基本
  • 1兆円超の企業価値を生んだLINE経営の全貌
  • Column 顧客属性と合致し人気の「ツムツム」
  • Interview 出澤 剛●LINE取締役最高執行責任者(COO)
  • Column スマホ節約アプリを利用し通話料を月3000円減へ
  •   
  • Part 2 SNS覇権交代 “巣移り”する顧客を捕まえろ
  • フェイスブックすら時代遅れ? 世界規模で進む業界地図激変
  • Column SNSの“大通り”を歩くためには金に糸目はつけない Facebook
  • Column 一緒にわいわい遊ぶ“引っ張り”ゲーは救世主になれるか mixi
  • Column カカオと提携もLINEに敗北 次はキャリアへ Yahoo!
  • Column 傘下Vineでメッセージング機能を実装 Twitter
  • Column SNSではなくグーグルサービス利用時の“脊椎” Google
  • Column チャットもできる元祖ネット電話の10年目の戦略 Skype
  • 増え続けるSNSを分類・整理
  •   
  • Part 3 SNSの落とし穴 使用上の注意とマナー
  • 投稿欄に上下関係を持ち込む「ソーハラ」上司が急増中!
  • SNSの森でよく見かけるソーハラ上司図鑑
  • LINEトラブルを回避せよ 親と子が守るべき五カ条
  
underline

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧