ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方
【第136回】 2010年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

なぜアクティブ運用が生き残っているのか?

1
nextpage

 ツイッターのやりとりを見ていたら、あるインデックス投資家の、公的・私的な年金資金の双方が多かれ少なかれインデックスで運用されている事実を考えてみてください、という問いかけがあった。

 実際、公的年金の運用方針では、国内株式・外国株式の運用資金の7~8割程度をインデックス運用に振り向けることが多い。

 筆者流に整理すると、(1)低コストだから、(2)シンプルでわかりやすいから、(3)複数のアクティブ運用を用いると実質的にインデックス運用のような内容になるから、という3点が理由だ。

 年金基金がアクティブ運用を委託する場合、さすがに個人向けの投資信託のような年率1%を超えるほどの暴利を取られることはないが、運用手数料は運用資産額の30~40ベーシスポイント(1ベーシスポイントは100分の1%)くらいになることが珍しくない。これに対して、インデックス運用の手数料は、資金の大きさにもよるが10ベーシスポイントを切ることが珍しくない。

 加えて、資産配分計画を作成する際に用いられるベンチマーク(日本株ならTOPIXが多い)と同じ指数に対するインデックス運用を使うと、資産配分と個々の資産クラスの運用が整合的になって好都合だという理由もある。

 また、多数のアクティブ運用を用いると、絵の具をたくさん混ぜると灰色になってくるがごとく、合計された全体の性質がインデックス運用に似てくる現象がある。実質的にインデックス運用と変わらないなら、手数料の高く、管理が面倒なアクティブ運用を使うよりも、最初からインデックス運用にしてしまうほうが合理的だ。

 これら3つの理由に加えて、そもそも(4)アクティブ運用がインデックス運用に勝てないから、という現実的な理由もある。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

今週の週刊ダイヤモンド

2014年7月26日号

週刊ダイヤモンド最新号

定価710円(税込)

週刊ダイヤモンドのサイトへ
特集

相場をうごかす
アベ経済マフィア
全人脈・全内幕

      
  • Part 1 経済政策を牛耳る政・財・官・学の全貌
  • 激変する政策の決定プロセス 首相を支える40人のキーマン
  • "官邸相場"操る官房長官が主宰 株価対策で集う秘密会議の内情
  • Column "経済マフィア"を通じた知られざる三大改革ルート
  • 激突! 財務省vs経済産業省 政権影響度はどっちに軍配?
  • Column 政治家に人気の四大ホテル、若手は赤坂の個室居酒屋…
  •   
  • Part 2 市場関係者も必読! 知られざる重大政策の裏側
  • 年金 幹部の抵抗、買い増し失言… GPIF改革で燻る不協和音
  • Interview 米澤康博●GPIF運用委員長、早稲田大学大学院教授
  • 農業 農水族の仲間割れで進む JA全中の支配体制の崩壊
  • 覆面座談会 現役秘書軍団が大放談 政治力高い意外な企業
  • カジノ 解禁に向けカウントダウンも障害は身内の実力派の女刺客
  • 減税 栄華誇った党税調の軽量化で減税率・下げ幅は官邸主導
  • 医療 最凶の岩盤は打破できるか 鍵は厚労族の新たなるドン
  • ゼネコン 急増する公共事業を武器に最強の族議員が狙う復権
  • 竹中平蔵が推す次の巨大金脈 住商、東急…業界大手が食指
  • 水素に地熱、新族議員が続々 近未来の有望業界はどこ?
  • 長老、失言…政治記者が明かす 目から鱗の四大相場反転リスク
  •   
  • Part 3 迫り来る内閣改造の中身と解散総選挙のタイミング
  • 永田町ライブ! 200回突破拡大版 後藤謙次●政治コラムニスト
  • 「解散方程式」の解は来年9月 内閣改造では過半数を入れ替え
  
underline

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧