ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

成功事業が一夜にして衰退に転じる時代の生き延び方

~『ビッグバン・イノベーション』(ラリー・ダウンズ/ポール・F・ヌーネス著)を読む

情報工場
【第12回】 2016年3月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

企業が成功した事業からの撤退を図るとき

『ビッグバン・イノベーション』
ラリー・ダウンズ/ポール・F・ヌーネス著
ダイヤモンド社 344p 2000円(税別)

 今年2月25日、経営再建を進めるシャープが台湾の鴻海精密工業の出資を受け、同社の傘下に入ると報道された。かつて液晶パネルで世界に名を馳せたシャープは、その液晶事業が激しい価格競争に巻き込まれたことで低迷。2011年に赤字に転落して以降、経営危機が続いてきた。液晶パネルの在庫評価減や液晶工場の減損など、好調だった頃の投資が負の遺産として大きくのしかかった。

 2014年にIBMは自社のPCサーバー事業を中国のLenovo Groupに売却した。IBMのLenovoへの事業売却はこれが初めてではなく、2005年に既にPC事業の売却も行っている。IBMにとってのPC事業といえば、かつては80%以上のシェアを誇った一人勝ちの事業だったはずだ。しかしIBMは、徐々にコモディティ化し利益率が落ちていくPC事業の先行きを見切り、ソリューションビジネスへと戦略を大きく転換した。それが功を奏し、10年経った今、IBMは世界的なソリューション企業に変貌を遂げている。

 この2社の対比からわかるのは、世界的な大企業でも一つの事業領域で勝ち続けることは難しく、戦略を誤れば、あっという間に経営破綻に追い込まれるということだ。経営者は絶えず新たな市場を開拓し、事業領域を見直しながら自社の生き残りを模索していかなければならない宿命にさらされる時代なのだ。

 これから、状況はさらに深刻になるようだ。本書の著者のラリー・ダウンズ氏とポール・F・ヌーネス氏は、100社を超えるケーススタディをもとに、近年起こっているのは、安定した事業をほんの数ヵ月か、時にはほんの数日で“破壊”する新たなタイプのイノベーションだ、と分析する。そしてその急激なスピードと破壊力を「ビッグバン(宇宙の始まりとされる大爆発)」になぞらえた。

 ダウンズ氏はアーサーアンダーセンやマッキンゼーなどのコンサルティング会社を経て、現在はアクセンチュアのハイパフォーマンス研究所のフェローの肩書きを持つコンサルタントだ。突如として起こる技術革新により、産業構造がどう変わっていくのかを長期的な観点から研究している。

 また、ヌーネス氏はアクセンチュア一筋のマーケティングのプロ。ハイパフォーマンス研究所の立ち上げにも関わり、ITの進化がマーケティング戦略に与える影響を、主に顧客の振る舞いとマーケティングチャネルの観点から分析・研究を続けている。

 本書では、この二人の著者が多くの企業分析から得た知見をもとに、ビッグバン・イノベーションの特徴やその発生メカニズムを整理し、とるべき対応策を提示している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧