ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
海から見た世界経済
【第1回】 2016年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
山田吉彦

経済は「魚」で動く!?
この50年で5倍に増えた「魚の消費量」

1
nextpage

これからの経済は「魚」で動く。そう言い切れるような驚きのデータを、世界の最新トレンドとともにご紹介します。人口増加による飢餓。地球温暖化による農作物の不作。人類の目は「海」へと向かっているのです。「海と経済」の第一人者であり、新刊『完全図解 海から見た世界経済』の著者である山田氏に聞いてみました。

人口増加! 世界中で飢餓!
食べ物は大丈夫?

現在、地球上には約73億人が暮らしています。1961年には、30億人ほどでしたので、およそ50年間で2倍以上に増えています。

 今後も人口はますます増え続け、2050年までには96億人に達すると予測されています。人々が生きていくためには、「食べ物」が不可欠であり、急速に増加した人々が生命を維持するために食糧の増産が必要です。しかし、近年深刻化している地球温暖化や砂漠化は、農作物の生産にとってマイナス要因となっています。

 飢饉に陥った一部の地域では、すでに深刻な食糧不足に陥り、現在、約8億人が慢性的な飢餓状態にあると言われています。全人類が海に目を向けるまた、これ以上の農地の開発は地球上の緑を減少させ、地球温暖化を進展させることにつながりかねません。そこで、注目されているのが水産資源です。

 古来、人々は海に出て生きる糧を得てきました。我が国は、その典型です。国内のいたるところから貝塚が発見され、水産業が生活の根幹であったことがわかります。

 人々は、再び海の恵みに生活の糧の根幹を頼ろうとしています。世界中の人々が、一斉に魚を獲り出したのです。

 FAO(国連食糧農業機関)の統計では、世界の漁業および養殖業の生産量は、1億9109万トン(2013年)です。この数年、毎年5%ほどの増加を続けており、50年前に比べると5倍にも増えました。

世界で一気に増えた「魚の消費量」。これからの経済にどんな影響を与えるのか?

 中でも、養殖生産量は急速に拡大しています。2012年から13年にかけての1年間では、前年比8%ほど増加し9720万トンとなり、漁船漁業生産高9386万トンを上回りました。このように水産業の主流は、育てて獲る、養殖に移行しています。

 これは、世界の人々が、魚の取り過ぎに危機感を覚え、「このままでは魚がいなくなってしまうかもしれない」と危惧していることの現れです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)




海から見た世界経済

「海から学ぶ経済のしくみ」。激変する世界をつかむ新しい視点とは?
本連載は、現代の世界情勢、および経済を「海」という視点から見るものです。
世界の「海」の海洋資源、海運、水産などの情況を知れば、
世界経済の流れがのみ込めるとともに、地球の未来を予測することも可能です。
海洋学部教授であり、経済学の博士号を持っている山田吉彦氏が解説します。
 

「海から見た世界経済」

⇒バックナンバー一覧