ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
地球を「売り物」にする人たち
【第2回】 2016年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
マッケンジー・ファンク,柴田裕之

砂漠だらけのイスラエルが
「水不足」を歓迎する「おいしい理由」とは?

1
nextpage

地球温暖化は、新たなビジネスチャンスだ――そう信じてビジネスを展開する人・企業・国家の中でも、もっとも現実的で利益第一主義的な人々といえば、おそらくイスラエルとなるだろう。
『地球を「売り物」にする人たち』で著者マッケンジー・ファンク氏は、水不足という必要にかられて生まれた海水淡水化技術、そしてそこから発展した人口雪製造技術を追跡し、地球温暖化によって生まれた新しい「マーケット」と、それを狙う人々の姿を明らかにしている。

雪解けのアルプスに
「雪」を売り込むイスラエル企業

「雪」がグローバル産業になった、と言われると驚かれるかもしれない。だが、冬季オリンピックが近づく度に雪不足が嘆かれることからもわかるとおり、雪への「需要」は年々深刻度を増している。それとともに、「マーケット」としても規模が拡大しているという。アルプスの氷河ピッツタールを訪れたファンク氏はこう語る。

イスラエルの淡水化エンジニア、アヴラハム・オフィールは、飲料水を得る方法を模索しているうちに、高性能の人工雪製造機を発明した。今や彼の製造機は融解の進むアルプス山脈で使われている
拡大画像表示

人工雪製造は10億ドル規模のグローバル産業になった。今やオーストリアのスキー場の半分近くでは、雪製造装置(スノーキャノン)が人工雪をまき散らしている。これには、1平方メートル当たり約470リットルの水が必要になる。アルプス山脈全体では、人口170万人の都市ウィーンよりも多くの水を使う。これは、単位面積当たりにして、典型的な小麦畑の水使用量に匹敵する。

 だが、従来の人工雪製造では、ヨーロッパの池や湖からどれだけ水を持ってきても、アルプス山脈のスキー経済を維持することはできない。その維持には、氷点下の温度と70パーセント未満の湿度、最小限の風という、完璧な条件が必要とされるが、少なくともピッツタールでは、もっとも必要とされるときにこの条件がそろうことは、もはやめったにない。(『地球を「売り物」にする人たち』100ページ)

「雪」をアルプスに提供している企業こそ、IDEテクノロジーズをはじめとした、イスラエルの海水淡水化技術を有する企業だ。彼らが手掛けるプラントは、水不足という「課題」を抱える地域で稼働している。そんなイスラエルの加熱する「水ビジネス」に関して、印象的なシーンをご紹介しよう。

将来の水不足を「潜在的市場」と呼ぶ
イスラエルの環境工学教授と対峙して

 テルアヴィヴで私は、水関連のほかの起業家たちと次々に会った。それぞれ独自のテクノフィクス(ハイテクによる問題解決)を売り物としていた。イスラエルは、ある人の言葉を借りれば、「新規事業を始めたばかりの(スタートアップ)国家」だが、これは別の傾向の表れでもあった。輸出可能な水技術は、イスラエルやシンガポール、スペイン、オーストラリアといった、もっとも水が不足して、気候変動によって窮地に追い込まれている国から、もっとも勢いよく生まれ出てくるように見えるのだ。

 イスラエルでは、従来の、人工降雨のための雲の種まき業者は依然として多いものの、ある研究者グループは、ネゲヴの約810万平方メートルの区域を黒い吸熱性の素材で覆い、人工的にヒートアイランドを生み出し、対流性降雨を誘発させることも提案した。私は高層ビルの立ち並ぶダウンタウンで、ホワイトウォーター社という企業のエグゼクティブたちに面会した。この企業の創立者は、以前、ドミノ・ピザがイスラエル市場に浸透するのを手伝ったことがあった。同社はベンヤミン・ネタニヤフ首相と緊密なつながりがあり、そのアプローチはいかにもイスラエルらしく、国家の水の供給を汚染とテロリストの攻撃から守るのを助けるというものだった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


マッケンジー・ファンク(McKenzie Funk)
アメリカ・オレゴン州生まれ。スワスモア大学で哲学、文学、外国語を学ぶ。2000年からアメリカ各地、海外に赴いて記事を書く。解けてゆく北極圏の海氷の報道で環境報道に与えられるオークス賞を受賞し、タジキスタンで実施したグアンタナモ強制収容所から初めて解放された囚人のインタビューで若手ジャーナリストに与えられるリヴィングストン賞の最終候補に残った。これまでハーパース、ナショナル ジオグラフィック、ローリングストーン、ニューヨーク・タイムズなどに寄稿し、高い評価を受ける。本書が初の著書となる。
本書は、ニューヨーカーでエリザベス・コルバートが「必読書」に、米アマゾンで2014年1月の「今月の1冊」に選出されたほか、さらにネイチャー、ウォール・ストリート・ジャーナル、GQ等、書評が掲載された紙誌は数十にのぼる。
著者ホームページ:http://www.mckenziefunk.com/#windfall
 

柴田裕之(しばた・やすし)
1959年生まれ。翻訳者。訳書にジェレミー・リフキン『限界費用ゼロ社会』(NHK出版)、ウォルター・ミシェル『マシュマロ・テスト』(早川書房)、アレックス(サンディ)・ペントランド『正直シグナル』(みすず書房)、ジョン・T・カシオポ他著『孤独の科学』(河出書房新社)、マイケル・S・ガザニガ『人間らしさとはなにか?』(インターシフト)、サリー・サテル他『その〈脳科学〉にご用心』、ダニエル・T・マックス『眠れない一族』(以上、紀伊國屋書店)、ポール・J・ザック『経済は「競争」では繁栄しない』、フランチェスカ・ジーノ『失敗は「そこ」からはじまる』(以上、ダイヤモンド社)ほか多数


地球を「売り物」にする人たち

「北極が解ければ、もっと儲かるのに」
「地球温暖化は、新たなビジネスチャンスだ」

氷の下の資源争奪戦に明け暮れる石油メジャー、水と農地を買い漁るウォール街のハゲタカ、「雪」を売り歩くイスラエルベンチャー、治水テクノロジーを「沈む島国」に売り込むオランダ、天候支配で一攫千金を目論む科学者たち……。
温暖化「後」の世界を見据えて、実際に気候変動を利用して「金持ち」になるべく行動を起こしている国家、企業、人物を世界24か国で徹底取材。
日本人だけが知らない地球温暖化ビジネスの実態とは。

ニューヨーカー、ウォール・ストリート・ジャーナル、ネイチャー、GQ、ワイアード、タイム……絶賛の超話題書、ついに日本上陸。

「地球を「売り物」にする人たち」

⇒バックナンバー一覧