ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中均の「世界を見る眼」

トランプvsクリントン
米国民が望むのは孤立主義か世界のリーダーか

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]
【第54回】 2016年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

泡沫候補が有力になった訳
怒りや不満に応えるポピュリズム

米国民の選択は、世界にも日本にもこの上なく大きな影響を及ぼす(写真はホワイトハウス)

 3月15日のミニ・スーパーチューズデーを終え、米国大統領選予備選挙の帰趨が見えてきている。民主党についてはヒラリー・クリントン元国務長官が民主党候補者として選出されることがほぼ確実となっている。

 一方、共和党については不動産王、ドナルド・トランプ氏の躍進が止まらず、今後はトランプ氏が最終的に代議員の過半数を得て勝ち残るか、あるいは過半数を得る候補者がなく7月の共和党大会での決着(ブローカード・コンベンション)が図られることになるのか、二つのシナリオに絞られてきた。

 予備選前には泡沫候補と見なされ、常識では考えられない過激な主張を掲げてきたトランプ氏がかくも有力となったのは何故なのだろうか。クリントン氏が無名のバーニー・サンダース上院議員に苦戦を強いられたのはどのような理由なのか。予備選を通じて浮かび上がってきた米国政治の趨勢を理解し、米国が大統領選挙で何を選択しようとしているのか解き明かそう。

 トランプ氏のキャンペーンで最も強烈な印象を与えているのは、多くのアメリカ人の持つ不満に真正面から向き合い、これに極めてアメリカ的で短絡的な回答を与えていくという分かりやすさである。

 “米国の労働者が不法移民に職を奪われているのだとすれば、彼らを国外退去させよう。不法移民の流入を阻止するためにメキシコとの国境にメキシコ側の負担で壁を建設させよう。イスラム過激派のテロを防止するためには当面イスラム教徒の入国を拒否しよう。テロリストには拷問も必要だしその家族を殺害することも許される”

 もちろん、トランプ氏はこれらが現実の政策としては成り立たないことが分かっているはずであろうし、米国民もトランプ氏を好ましい大統領候補と考えている訳でもない。3月3日~6日に行われたNBC/WSJ調査によれば、トランプ氏を積極的に評価する人は25%、消極的に評価する人は64%で主要な候補者に比べ最も低い評価となっている。しかし予備選挙の中では同氏の優位は動かない。

 これは、トランプ氏に対する積極的な支持というより、アメリカ人の持つ不満や憤りの強さを同氏への投票で示しているのではないのだろうか。この不満や怒りといったものは、民主党の予備選挙でもサンダース氏が善戦している最大の要因なのではないのだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]

1947年生まれ。京都府出身。京都大学法学部卒業。株式会社日本総合研究所国際戦略研究所理事長、公益財団法人日本国際交流センターシニアフェロー、東京大学公共政策大学院客員教授。1969年外務省入省。北米局北米第一課首席事務官、北米局北米第二課長、アジア局北東アジア課長、北米局審議官、経済局長、アジア大洋州局長、外務審議官(政策担当)などを歴任。小泉政権では2002年に首相訪朝を実現させる。外交・安全保障、政治、経済に広く精通し、政策通の論客として知られる。

 


田中均の「世界を見る眼」

西側先進国の衰退や新興国の台頭など、従来とは異なるフェーズに入った世界情勢。とりわけ中国が発言力を増すアジアにおいて、日本は新たな外交・安全保障の枠組み作りを迫られている。自民党政権で、長らく北米やアジア・太平洋地域との外交に携わり、「外務省きっての政策通」として知られた田中 均・日本総研国際戦略研究所理事長が、来るべき国際社会のあり方と日本が進むべき道について提言する。

「田中均の「世界を見る眼」」

⇒バックナンバー一覧