ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

疲れた者をカバーする分、アリの方が立派なのかも
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第73回】 2016年3月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.アリの世界では、集団のなかに20~30%いると言われる “働かないアリ” が、集団が長く存続するために欠かせない存在であるという研究結果を、北海道大学が発表しました。働き者アリが疲れてくると、入れ替わりに怠け者のアリが働き始めるそうですが、堀江さんは、アリの世界も人間の組織も同じだと思いますか。

人間の世界でも下の2割は働かないよ
働き者が疲れても、働かない人は働かない

A.この「働かないアリ」の話題は、結構注目されているようです。

 人間の世界でも、下から2割くらいは働かない人がいて、しかし、その人たちを排除したとしてもやはり下位2割くらいは働かなくなってしまう。こうしいた言説は以前から言われていました。

 私は、実際にそういうことを体感したことはありませんし、また下位2割の人を排除するといったことは、現実的には難しいので、本当にこの説の通りになるのかどうかはわかりません。

 また、人間の組織において「働き者を怠け者がカバーする」といった現象に出くわしたことありません。人間の組織は複雑な要素が絡み合ってできていますから、働きアリの世界ほど単純ではないのでしょう。

 しかし、働きアリのような単純労働しかない世界を人間界に作ってみたら、もしかしたら同じような現象が起きるのかもしれません、ね。

 

Q.認知症の高齢者が増加しています。10年後には高齢者の5人に1人にお約700万人が認知症となるといった推計もあり、今後、高齢者の認知症に関連したさまざまな問題が予想されますが、堀江さんは認知症問題の解決の一助となるような新たなビジネスについてアイデアはお持ちではないですか。

まずは認知症にならないための予防が大事
なってしまっても治療する医学も進んでいる

A.純粋にビジネスとしてみれば、それなりに有望だとは思いますが、私はあまり興味がないです。この程度のビジネスチャンスは他にもたくさんあります。

 認知症に関して言えば、まずは予防促進が重要でしょう。つまりは、認知症になりにくい生活習慣を身に付けることです。

 多くの高齢者は自分がいま、生きている世界、環境がどんどん狭まっていくのだと思います。しかし、年を重ねても新しい人間関係を作っていけるような習慣を若いころからつけておくことが大事だと思います。

 それ以外にも、そもそも足腰ほか体の機能が弱くなると、生活の質が下がってしまい、それが認知症を誘発することになります。まずは、体の機能をしっかり維持することに気を配ることが大切でしょう。

 今日では、アルツハイマー病を根本的に治療するための研究も進んできています。アルツハイマー病は言ってみれば“脳のなかのゴミ掃除が上手くいっていない”ことがその原因ですが、それが起こるメカニズムも解明されつつあります。

 画期的な治療薬が開発されて、治療で治すことができる病気になる日も遠くないかもしれません。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月8日号 定価710円(税込)

特集 国税は見ている 税務署は知っている

あなたに迫りくる徴税包囲網の真実

【特集2】
企業サイトの事業貢献度測定
ウェブサイト価値ランキング2016

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧