HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

約半数が10年以上抜け出せない!
外出は通院だけの「外来ニート」の実態

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第29回】

 日本では現在、膨大な数の人たちが、何らかの疾病や様々な理由で社会からはじき出されてしまって、支援を受けることもできずに引きこもらざるを得なくなり、クリニックにだけ通っているという。

クリニックにだけ通う“引きこもり”
「外来ニート」とは?

 職場で働くサラリーマンや主婦などの診療を行っている東京都八王子市の「ひらかわクリニック」院長で、日本精神神経科診療所協会の「明日のクリニックを考える研究会」研究班長も務める平川博之医師は、厚労省からの研究事業費を受け、地域で生活しながらも社会参加出来ていない人たちを調査した。そして、膨大に存在するこれらの人たちを調査・研究する上でのラベルの必要性から「外来ニート」と呼んで、注目している。

 ちなみに、「外来ニート」という言葉は、造語だ。対象は「65歳未満である」ことを前提に、最近6か月以上にわたって「就労・就学をしていない」「休職・休学中ではない」「主な家事を担当していない」「デイケア、デイナイトケア、作業所などに通所していない」といった項目すべてを満たす状態の人。従来の「ニート」とはまったく違う「新たな定義」だと強調する。

 「働いたら、負けかな…」といった怠け者のような負のイメージが広がった従来の「ニート」と、たまたま同じ表現を使ったため、「誤解や批判を招きやすい」と、研究班の専門家の間でも議論があったようだ。

 従来の「ニート」は、ハローワークなどに通わないことが「働く意欲のない若者」のように曲解され、テレビメディアなどが「繁華街にたむろする若者」をイメージ映像に流したりするなど、そもそも日本では定義付け自体が間違っていた。しかし、働きたいのに、対人関係の不安や視線恐怖の緊張感などから、なかなか動くことのできない、膨大な数の「無業者」が存在しているのも、また事実である。

 「最近は、ネットを検索して、自分が“強迫性障害”とか“パニック障害”とか“うつ”ではないか?などと、事前にチェックしてくる外来患者さんが増えましたね。薬についても、情報をご存知で、ものすごく勉強されている。ただ、頭でっかちになってしまって、誤解を解くのに時間がかかってしまうこともあります」(平川院長)

1 2 3 4 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧