ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
計数感覚を磨けば経営力はアップする

低価格戦略を実現するための、コスト削減のポイントは?

千賀秀信
【第5回】 2009年7月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 安さが、生活防衛意識を強めた消費者に受け入れられ、激安、低価格が世の中を席捲しています。低価格を売り物にしたABC-MARTやファーストリテイリングは増収増益を達成する反面、高価格というイメージが強い百貨店は、5月時点で、15ヵ月連続前年同月比割れ(日本百貨店協会調べ)で、6月からバーゲンセールを前倒しで始めています。定価販売のコンビニも値下げをせざるを得ない状況に追い込まれています。

 今回は低価格を実現するためにどのような工夫を行い、そこから見えるコスト削減のポイントを考えてみましょう。

低価格を実現している10の事例

 低価格を実現するためには、企業はさまざまな工夫を行っています。その事例を見ながら、共通する点は何かを考えてみましょう。

 まずは、以下の事例をよく読んで、ポイントは何かを計数感覚(第1回参照)でイメージしてください。【 】がある時は、当てはまる用語を考えながら読んでください。

1)自動車メーカーは車種を削減し、部品を共通化することで、原価の低減を狙っています。流通では、大手スーパーのイオンなどは大量一括仕入で、中小の小売業者は共同仕入によって、低価格販売を目指しています。

2)地産、地消(現地生産、現地消費)の動きが活発です。食品などの物流に伴う環境負荷を軽減するという効果とともに、【 ア 】も抑えて低価格の実現に貢献しています。たとえば、ローソンストア100とショップ99のPB商品(バリューライン)で販売されている2リットル105円(税込み)のミネラルウォーターは、採水地に近い加工工場で生産し、採水地に近い地域の販売店で販売することで、【 ア 】を抑えて、低価格を実現しています。

3)イタリアンレストランチェーンを経営するサイゼリヤでは、厨房を一人でこなして、1時間に6万円程度の売上をあげるだけの仕事をこなしています。この作業効率化のために、店舗の調理場で包丁を使わない工夫がされています。

4)サイゼリヤの厨房での作業効率を上げるために、野菜などの加工は、【 イ 】ですべてこなしています。(3)と(4)の取り組みが相乗効果を生み、低価格実現に貢献しているのです。

5)50円、20円、10円など激安飲料を販売する自動販売機が最近話題です。これらの商品は、メーカーや卸が、賞味期限が短くなった商品を低価格で投売りしたり、倒産企業から流出したり、さまざまな事情があるようです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
千賀秀信著「会社数字のコツがハッキリわかる本」絶賛発売中!

会計入門者が理解しにくい基礎的部分を中心に、経営的な視点からQ&A方式で解説。会社数字に強くなるために必要な勉強するべき体系を網羅した決定版。1575円(税込)

話題の記事

千賀秀信

せんが・ひでのぶ 公認会計士、税理士専門の情報処理サービス業・株式会社TKC(東証1部)で、財務会計、経営管理などのシステム開発、営業、広報、教育などを担当。18年間勤務後、1997年にマネジメント能力開発研究所を設立し、企業経営と計数を結びつけた独自のマネジメント能力開発プログラムを構築。「わかりやすさと具体性」という点で、多くの企業担当者や受講生からよい評価を受けている。研修、コンサルティング、執筆などで活躍中。大前研一のアタッカーズ・ビジネススクール講師。著書に『新版・経営分析の基本がハッキリわかる本』(ダイヤモンド社)、『経営センスが高まる! 計数感覚がハッキリわかる本』(ダイヤモンド社)、『「ベンチャー起業」実戦教本』(プレジデント社:共著)、『会社数字がわかる計数感覚ドリル』(朝日新書)などがある。
●マネジメント能力開発研究所のホームページ
http://homepage3.nifty.com/maneji/


計数感覚を磨けば経営力はアップする

「計数感覚」とは、「会社数字と企業活動の関係を理解できる力」。ビジネスパーソンなら、ぜひ身に付けておきたいマネジメント能力だ。さまざまな事例をあげながら、計数感覚で経営を考えるノウハウを提供していく。

「計数感覚を磨けば経営力はアップする」

⇒バックナンバー一覧