ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

若者の飲み放題離れが思いのほか進まない理由

唐仁原俊博[ライター]
【第27回】 2016年4月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
若者の酒離れが進む一方で、中学生の飲酒も問題に。若者と酒の問題は複雑なようだ

 先週、ちょっとあきれるニュースが飛び込んできた。

 昨年12月25日に、中学3年生の男女18人がクリスマスパーティーを開いた。会場は東京都江東区の居酒屋である。居酒屋で中学生がパーティーをする時点で、頭に「?」が浮かぶが、問題はそのあとだ。店員は客が未成年であるとわかっていたにもかかわらず、2時間飲み放題メニューで酒を提供。中学生たちはテキーラ31杯、サワー8杯、生ビール3杯などを飲んでいた。通報により駆けつけた警察により中学生は補導され、店側を捜査。店長と店員が4月8日に書類送検されたのだ。

 東京に引っ越してきて丸2年たったが、なんて恐い街だろう。いつまでも慣れる気がしない。

大学生の約半数が
「適量は2、3杯」と回答するも…

 さて、最近、私はまったくと言っていいほどに居酒屋のコースや飲み放題を利用しなくなった。フリーライターゆえ、会社の飲み会もないし、合コンにも街コンにも行かないし、大人数で居酒屋を利用することがほとんどないことが理由だろう。何人かの友人と店に行っては、その日のコンディションと盛り上がりに応じて、飲んだり飲まなかったりである。

 最近は「新入社員が酒を飲まない」だの「学生が酒を飲まない」だの言われることが多いが、中学生も飲み放題を頼む時代、最近の学生はどうなのだろうか。2014年の調査だが、面白いものを見つけた。学生団体「想食系幹事」が行った大学生と大学院生、560名を対象にした『お酒と食に関するアンケート』だ。

 この中で「お酒の適量は何杯ですか?」という問いに「3杯」と答えた人が最も多く154名(27.5%)、「2杯」と答えたのが114名(20.4%)と続く。2~3杯が自分の適量だと回答した人が約半数だが、「5杯以上」と回答した人も90人(16%)いる。

 この項目を見て、「大学生も、自分の適量をちゃんと把握して飲んでるんだな」と少し感心したのだが、この調査が面白いのは次の項目だ。実際の飲み会で飲む量を聞いたところ、サークルの飲み会では173人(30.9%)、クラスの飲み会では132人(23.6%)が5杯以上飲むと回答している。つまり、自分の適量が5杯以上と回答した人の数よりも、実際の飲み会で5杯以上飲むと答えた人が多いのだ。

 あれ~? 適量ってなんだっけ~?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


データで読み解くニッポン

今の日本の姿はデータから読み解ける――。そのコンセプトの下、この連載では様々なデータから日本の今を探ります。

「データで読み解くニッポン」

⇒バックナンバー一覧