スマートエイジングライフ
若返るカラダの秘訣 池内誠
【第3回】 2016年4月20日
池内 誠 [日本体育協会公認アスレティックトレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師]
著者・コラム紹介バックナンバー

腰痛を簡単に予防できる、ある100円グッズの使い方

 こんにちは。プロスポーツアスレティックトレーナーの池内誠です。

 今回は「腰痛」のお話です。前回の肩こり同様、アラフォー世代の多くの方がお悩みですが、一口に腰痛と言っても様々なタイプがあります。まずは腰痛の種類を知り、その上で対策を考えていきたいと思います。

あなたの腰痛は、どのタイプ?

腰痛は大きく2つのタイプに分けられます!

 腰痛は、大きく以下2つのタイプに分かれます。

(1)骨や神経などから来る腰痛

 椎間板ヘルニア、腰椎(ようつい)分離症、すべり症といった病名を聞いたことはありませんか。これらは、レントゲン検査・MRI検査で判明します。脊柱に関わるため、痛み以外にしびれや感覚のまひ、神経症状が出ることも少なくありません。こういった症状がある、または触ったり動かしたときの感覚に違和感がある場合は、医療機関での診察をおすすめします。

(2)筋肉から来る腰痛

 専門的には「筋・筋膜性(きん・きんまくせい)腰痛」といいます。筋肉や筋膜の疲労によるもので、腰または腰から背中にかけてコリや痛み、張り、だるさなどの症状がみられます。私のところで施術を受ける腰痛患者さんで、最も多いのがこちらのタイプです。慢性的な状態からぎっくり腰へとなる危険性が大です。

 上記2つのほかに、まれではありますが、内臓機能の低下によって腰痛が発症する場合もあります。安易に自己判断せず、「おかしいな」と感じたら医療機関へ行きましょう。

 多くの方がお悩みの“筋肉から来る腰痛”は、ご自身で予防・対策が可能です。ビジネスマンやプロスポーツ選手の施術をしてきた私の経験から、以下の流れでお話していきます。

(1)なぜ、筋肉の腰痛は起きるのか?
(2)自宅でカンタン!腰痛対策
(3)腰痛は予防できる!ぎっくり腰は繰り返すのか?

 いわゆる「ぎっくり腰」でつらい経験をした方も、なんとなく腰がだるいと感じている方にも、きっとお役に立てるはずです。

池内 誠 [日本体育協会公認アスレティックトレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師]

1969年生まれ。1992年~96年横浜マリノス・アスレティックトレーナー、2004年ベガルタ仙台・アスレティックトレーナー、2006年~現在サッカー日本代表アスレティックトレーナー。整形外科内科に勤務する傍ら、株式会社サミーネットワークス、SmartNews株式会社内の治療室にて、あん摩マッサージ等を行う。

 


若返るカラダの秘訣 池内誠

40代を超えると肩・首・腰・脚とあらゆるところに不調が現れます。この連載では、現役プロスポーツ選手と一般のビジネスパーソンを今も診ている池内誠さんに、そんな不調の原因を洗い出していただきながら、意外で簡単な解決法を紹介。無理のない“簡単な続けられる方法”で、若返るカラダづくりを目指します。

「若返るカラダの秘訣 池内誠」

⇒バックナンバー一覧