ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

ネスレと味の素が強者タッグ、世界で協業も

週刊ダイヤモンド編集部
2016年4月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

食品業界の世界最大手ネスレが、国内最大手である味の素と手を組んだ。味の素が展開する経管栄養食の買収や栄養補助食品での一部提携という小さな案件だが、そこには世界を見据えた両社の壮大なる野望が潜んでいる。(「週刊ダイヤモンド」編集部 泉 秀一)

 株式時価総額約25兆円。食品世界一の称号を手にしてもなお、スイスのネスレの“食欲”は旺盛だ。日本法人のネスレ日本は2月29日、味の素と栄養補助食品事業で手を組むと発表した。

ネスレは近年、栄養というキーワードを前面に打ち出し、既存の食品メーカーという枠組みを超えようとしているPhoto:Bloomberg/gettyimages

 ネスレ日本は、味の素から濃厚流動食事業を買収するとともに、医療機関や介護施設、調剤薬局など医療系ルートにおける栄養補助食品の独占販売権を取得。濃厚流動食、栄養補助食品共に、4月25日からネスレ日本による販売がスタートする。

 味の素から買収した濃厚流動食「メディエフ」は、鼻や胃にチューブを通して摂取する経管栄養食で、主に病院などの医療現場で使用されている。

 販売で提携した栄養補助食品では、口から摂取する補水液「アクアソリタ」や栄養補助飲料「メディミルプチロイシンプラス」が施設から家庭まで幅広く使われており、今後はネスレ日本が医療機関や介護施設での販売を担い、家庭向けルートは味の素が引き続き自社で販売する。

 もともとネスレ日本は医療機関や介護施設への販売網が強く、味の素は家庭向け販路を自前で持つ。それぞれの強みを生かすかたちでタッグを組んだ格好だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧