ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
佐高 信の「一人一話」

夏樹静子はなぜ生保が舞台の
『遠い約束』を書いたか

佐高 信 [評論家]
【第44回】 2016年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 『朝日新聞』のアフリカ記者として鳴らし、『朝日ジャーナル』の編集長もやった伊藤正孝は1995年に58歳で亡くなったが、その伊藤と私が出会って異口同音に、「どうして、ここに?」と言い合ったことがある。

 夏樹静子の主催するパーティでだった。

 ミステリーだけでなく、『遠い約束』(文春文庫)などの経済小説も書く夏樹に私はインタビューして以来、文庫の解説も頼まれたりしていた。だから、日ごろはほとんど出ないパーティなるものに出かけて行ったのである。

 伊藤の方は、夏樹の夫が、伊藤の「中学・高校・大学」の後輩に当たるのだった。

 伊藤は夏樹に、いつも、「いずれ、あなたの伝記を書くから、その時は亭主に秘密のことまで喋れ」と言っていたらしい。

 ちなみに伊藤は福岡の修猷館高校出身で、同期生だったのが自民党元副総裁の山崎拓である。

執筆は未知の地点からスタートした

 いまから30年余り前、生命保険業界をテーマにした夏樹の『遠い約束』について、彼女にインタビューした時は驚いた。

 「生保は経済界に君臨する巨大な金融資本という貌を持っていますでしょう」

 高校生の娘を持つ母親とはとても思えないほど若くて楚々とした夏樹の唇から、こんな言葉がとびだしたからである。

 不意をつかれて一瞬ひるみ、一呼吸おいて、「え、ええ」と相槌を打った。

 そうしたこちらの狼狽を見すかしたかのように、夏樹は静かに笑い、「私にはヘンな負けん気があって、女には企業は書けないと言われると、企業を書きたくなる。女にはスパイ小説は書けないと言われて、女スパイの活躍する小説を書きましたしね。それと、やはり、企業を知りたかった。私はドメスティックなミステリーから出発したんですが、男の働く世界を知らなければ、真に家庭も書けないのではないか。それを知らないままでは決定的に限界が来るだろうと思ったんです」と言葉を継いだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐高 信 [評論家]

さたか・まこと 1945年山形県酒田市生まれ。評論家、『週刊金曜日』編集委員。高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。「社畜」という言葉で日本の企業社会の病理を露わにし、会社・経営者批評で一つの分野を築く。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本のについて辛口の評論活動を続ける。著書に『保守の知恵』(岸井成格さんとの共著、毎日新聞社)、『飲水思源 メディアの仕掛人、徳間康快』(金曜日)など。


佐高 信の「一人一話」

歴史は人によってつくられる。ときに説明しがたい人間模様、ふとした人の心の機微が歴史を変える。経済、政治、法律、教育、文化と幅広い分野にわたって、評論活動を続けてきた佐高 信氏が、その交遊録から、歴史を彩った人々の知られざる一面に光をあてる。

「佐高 信の「一人一話」」

⇒バックナンバー一覧