ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

インスタで妻の浮気発覚!
間男からSNSで攻撃され地獄を見た男性(上)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第28回】 2016年4月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 昨日から待ちに待ったゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか?

 「やっと檻から解放されてせいせいするわ。ようやく心身ともに休めるよ」

 そんなふうに今まで張りつめてきた緊張の糸が昨日、プッツリと切れてしまった人も多いのでは?なにしろ、仕事の面では新会社への転職、新部署への異動、そして新担当者への交代など新年度から周囲の環境が大きく変われば、今まで以上にストレスやプレッシャー、そして不安が大きくのしかかるのだから。このような五月病の症状は男性より女性の方が顕著なのでは?なぜなら子どもの進学や進級、そして新しい習い事や地域のイベントなどで初対面の先生やママ友、そしてご近所さんと否応なく付き合わなければならないのですから。

 もちろん、我慢の限界に達する前に、途中で発散することができれば何も言うことはありません。人間の三大欲求は食欲、睡眠欲、性欲ですが、例えば、ホテルのランチブッフェで全メニューを制覇したり、連休初日にお昼過ぎまで爆睡したりという感じで。今回、焦点を当てたいのはストレスのはけ口が「性欲」に向けられた場合、どうなるのかです。

妻と出会ったバーで結婚の報告
「妻には怪しい人がいるよ」とマスター

夫妻が出会ったバーで初対面の男性と会い、その日のうちに鶯谷にも行っていた妻。証拠はネットに残っていた

 今回紹介する松本亮さん(36歳)も渦中の1人です。亮さんの妻はぽっかり空いた心の隙を「別の男」に突かれ、せっかくの大型連休なのに家庭内がメチャクチャになってしまいました。一体、何があったのでしょうか?

 「とにかく大切な思い出を汚されたことが一番、腹立たしかったんです」

 そんなふうに亮さんが苦虫を噛み潰すように語ってくれたのは3年前のゴールデンウィーク明けのこと。


◆今回の離婚のトラブル/妻が常連のバーで、妻が男性とよく来ていることを知らされた夫は、インスタグラムと交通ICカードの履歴を辿り妻の浮気の証拠を掴んだ。

<登場人物(すべて仮名)>
夫:松本亮さん(36歳。会社員で年収900万円)
妻:松本凜子さん(34歳。派遣社員で年収250万円)
子:松本拓海(6歳。夫婦間の子ども)

・夫婦の状況とトラブルの経緯
夫妻が出会ったバーのマスターから「妻には怪しい人がいる」と聞かされた夫。インスタグラムのチェックイン記録と交通ICカードの履歴から妻の浮気の証拠を掴む。さらに、妻の浮気相手とフェイスブックで“友達”だった夫は間男から思わぬ攻撃を受けることに……。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧