ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ダイヤモンド アーカイブズ

西洋が見た日本人史
ネタになり続けて600年
異質論にようやく終止符?

【第4回】 2010年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

歴代のジャパンウオッチャーは日本人像をどう伝えてきたのか。文化的に最も相容れぬ存在だった西洋人の指摘を追って見ていくと、中世以来の類型がようやく崩れつつある様が読み取れる。
(ダイヤモンド・オンライン編集長 麻生祐司)

 第二次大戦末期に米軍の依頼で執筆され、その後の日本人論の指南書となった『菊と刀』。著者で文化人類学者のルース・ベネディクトは、与えられた題材の難しさについて、こう吐露している。

 「困難は大きかった。(中略)まじめな観察者が日本人以外の他の国民について書くとき、そしてその国民が類例のないくらい礼儀正しい国民であるというとき“しかしまた不遜で尊大である”と付け加えることはめったにない」

 ベネディクトは、戦前はおろか戦後も日本を訪れたことはない。その門外漢が、行動を規制する“恥意識”と損得で宗旨変えする“機会主義的倫理”という日本文化の型を見出せたのは、当人の異文化理解力の高さもさることながら、歴代の観察者による研究成果に負うところが大きい。

西洋が日本人を体系的に分析し始めたのは、日本の戦国時代にあたる大航海時代のことだ。当時、日本を訪れたポルトガル人宣教師のルイス・フロイスは、織田信長や豊臣秀吉らと交流し、得難い記録を多く残した。特に織田信長については、風貌から性格まで詳しく記している。当初は「賢明な武将」と評していたが、天下統一が進むにつれて評価も変わり、やがて「狂気と盲目に陥り・・」と批判した(参考文献:「完訳フロイス日本史」(中公文庫)」。上は織田信長の肖像画。提供:近現代PL/アフロ

 日本人の行動様式の矛盾は、遠く戦国時代にも宣教師が指摘していたことだ。織田信長との交流で知られるルイス・フロイスは、礼節を厳格に重んじる特性をほめそやす一方で、日本人は生来秘密を守ることができず、「信用のおけぬ国民」と述べている。

 このフロイスと『日本王国記』を著したアビラ・ヒロンも、日本人は6~7歳で道理をわかっているとしながらも、しかし「忘恩」であり「何事にも極端に走る」と書き記している。

 豊臣政権によるキリシタン迫害に遭った宣教師の言葉のすべてを鵜のみにはできないが、二律背反性は、鎖国期、幕末、明治時代に訪れた西洋人によっても指摘されてきた共通項だ。

 いまだに折に触れ頭をもたげる“日本異質論”の背景には、この西洋人による日本人論の長年の積み重ねがある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ダイヤモンド アーカイブズ

先行スタートした「週刊ダイヤモンド・アーカイブズ」の連動企画。週刊ダイヤモンド以外の過去の雑誌記事から“Classic Selection”の呼び名にふさわしい貴重な「世界の巨匠」インタビューを厳選しお届けします。

「ダイヤモンド アーカイブズ」

⇒バックナンバー一覧