ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
すべての女は、自由である。
【第5回】 2016年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
経沢香保子 [株式会社カラーズ代表取締役社長]

前園真聖氏が語る「あの失敗があったから、いまの自分がある」

1
nextpage

トレンダーズ(株)代表を退任後、(株)カラーズを立ち上げ、ベビーシッターサービス「キッズライン」を運営する経沢香保子さん。新刊『すべての女は、自由である。』の発売を記念して、サッカーコメンテーターでタレントの前園真聖さんとの対談が行われた。前園さんの人気著作『第二の人生』(幻冬舎)と『すべての女は、自由である。』から引用した言葉をもとに語り合っていただいた。(構成:池田園子 撮影・小原孝博)

何事も「あたりまえ」と考えるのは間違い

前園真聖(まえぞの・まさきよ)1973年鹿児島県生まれ。92年、鹿児島実業高校からJリーグ・横浜フリューゲルスに入団。96年、日本代表U-23主将としてアトランタオリンピックに出場、ブラジルを破る「マイアミの奇跡」などを演出。その後、ヴェルディ川崎、サントスFC、仁川ユナイテッドFCなど、国内外のチームを渡り歩き、2005年現役引退を表明。現在はサッカー解説やメディア出演のほか、「ZONOサッカースクール」を主催し、子どもたちへのサッカーの普及活動などで活躍。

経沢 事件(※1)のお話をしてもいいですか?

※1 2013年10月13日、酒に酔った前園さんがタクシー運転手に暴行を加えた容疑で逮捕された事件。翌14日に処分保留で釈放され、同日謝罪会見を行った後、4ヵ月活動自粛していた。

前園 もちろんです。

経沢 ご著書の『第二の人生』は、事件の翌日目を覚ましたら知らない男性が立っていて、そこは警察署だった……というスリリングな描写から始まっていますよね。当時の前園さんは41歳。実は、私も同時期に離婚し、創業した会社を辞めたときでした。そんな人生のどん底の時期も、しばらく自分を見つめ直してからの再出発の時期も、まったく私とかぶっていたので、本を読んで驚きましたし、強く感じるものがあったんです。

前園 ありがとうございます。

経沢 今日お聞きしたかったのは、前園さんは「もといた場所に戻り、そこで認めてもらいたい」と書かれていましたが、どうしてすぐにそう思えたのか、ということ。私の場合は、魂を込めてつくりあげてきたものが突然なくなって、次の人生のことをなかなか考えられずにいたので。

前園 どうしてでしょうね。現役(プロサッカー選手)時代も、うまくいかないことが多かったんです。そのときに、サッカーを二の次にして、遊んだり他のことで気を紛らわせたりしてみたものの、何も解決されないと気づいたんですよ。翌日グラウンドで練習していると、やっぱりここに来て、体を動かして、皆とコミュニケーションをとって、監督にアピールしないと何も変わらないな、って。グラウンドが自分の本当の居場所だな、と悟ったんです。

経沢 そこを避けても、ダメだと。

前園 ええ。だから、事件という失敗をした後も、ぼくが仕事させていただいていた場所に戻って、もう一回皆に声をかけてもらえるようになるのが、スタートなんじゃないかなと思ったんです。

経沢 4ヶ月の謹慎後、翌春にテレビのお仕事で復帰されて。事件前後で本当にたくさんの変化があったと思いますが、ご自身の中で一番大きな「拾い物」は何でしたか?

前園 単純な答えになりますが、周りの方々への感謝ですね。もちろんそれまでも、ぼくのために動いてくれるスタッフやそのほか関係する方々へ、感謝の気持ちはありました。でも、それは、心からのものではなかったんじゃないか、と思うんです。心のどこかでは「この仕事が来るのはあたりまえ」と驕っていた自分がいました。でも、実際、自動的に舞い込んでくる仕事なんてないですよね。

経沢 そうですね。

前園 レギュラーの仕事を自粛し、既に決まっていた仕事をキャンセルし、引きこもる日々を送ってようやくわかったんです。調子のいいときは「自分ひとりの力でここまでやってきた」と思ってしまいがちなんですが、何もなくなって、誰にも声をかけてもらえなくなって、後ろ指を指される経験をした後、そうじゃないんだ、と。誰かに必要とされることが、こんなに素晴らしくありがたいことだと、初めて思ったんです。

経沢 人生を根底から揺るがす大きな出来事があると、仕事へのありたがみや、関わる周囲の人たちへの感謝の気持ちが、大きく変わりますよね。

前園 本当にそう。

経沢 わかります。私も前の会社では、100人の組織の代表だったので、担当役員や各部署にマネージャーが大勢の社員を束ねてくれていて、自分は社長として全体を見回して監督していればよかったんです。それは、それで緊張感のある大変な仕事ではありました。逆に、いまは社員10人足らずのベンチャーで、ゼロからやっています。だから、社長とはいえ、現場の仕事ももちろんしますし、戦略も描く、人事も広報も幅広く役割を担っています。だからなおさらかもしれませんが、仲間がいてくれることに、心からありがたみを感じる日々です。以前は社員がいて、組織があって、採用が行われていて、というのが日常でしたので、感覚が麻痺していたかもしれないと反省することもあります。非常時に感じるほどのありがたみは、常に離さず持っておいたほうがいいと思います。

前園 何でもないときに「あたりまえ」だと思っていたことは、実はあたりまえじゃないんですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


経沢香保子(つねざわ・かほこ) [株式会社カラーズ代表取締役社長]

株式会社カラーズ代表取締役社長。 桜蔭高校・慶應義塾大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳の時に自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。2014年に再びカラーズを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を実現するべく、1時間1000円〜即日手配も可能な安全・安心のオンラインベビーシッターサービス「キッズライン」(https://kidsline.me/)を運営中。 著書に、『自分の会社をつくるということ』(ダイヤモンド社)などがある。 日々の発信:https://note.mu/kahoko_tsunezawa Facebook:https://facebook.com/kahokotsunezawa Twitter:https://twitter.com/KahokoTsunezawa


すべての女は、自由である。

書籍『すべての女は、自由である。』でも書いていただきました「自分らしい人生のつくり方」「自分の心と徹底的に向き合う方法」「心地よい人間関係をつくる方法」などについて、本連載でも伝えていただきたいと思います。

「すべての女は、自由である。」

⇒バックナンバー一覧