ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか

ムヒカ大統領と舛添知事の間にある一流と二流の差

ムーギー・キム
【最終回】 2016年5月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
一流は「お金に誠実」

 「それにしても、嘘くさい釈明会見やな~」というわけで、政治家の不正資金問題や流用問題が絶えることなく世を騒がせている。号泣会見で話題になった野々村議員といった地方議員から、果ては幕僚長や知事を務める方々まで、こと税金に関し、使う方は常に大盤振舞だ。

 どのような業界でも一流のプロフェッショナルの共通項の一つがお金に誠実で、会社のお金や投資家のお金を使うときに、自分のお金のように大切に使う、という常識があるが、これは政治の世界には今後も通用しない常識であろう。

 都知事といえば、毎回同じようなスキャンダルに見舞われている。石原氏の時代も問題になった超豪華海外出張や、自分の息子の絵を都税で買ったなどとして諸々批判を受けていたし、猪瀬氏の辞任理由も言うまでもない。そして前任者たちの伝統を尊重したのか、今回の公金乱用問題である。「法的に問題はない」と聞くと、「だからどうしたの?」と、ほとほと馬鹿らしい気分で記者会見を聴いていた方も多いだろう。

 これが法的に問題なければこの法律を直すのが知事の仕事なはずだ。100万歩下がって法的に問題がなくても、道義的・常識的に極めて恥ずかしい行為である。多くの支持者を極めて落胆させ、そして反支持者を歓喜させる、それはそれは情けない金銭スキャンダルおよび「釈明会見」であった。

 なお、私も長距離フライトを頻繁にしてきたほうだが、かなり大柄の私でも、ビジネスクラスで十二分にゆったりぐっすり眠れる。特に長距離フライトのビジネスクラスはほぼフラットシートである。少なくとも60万円と250万円の差を“説明”するのは、「それが他人の金だから」に尽きる。

重税国家で、政治家が公費を乱用の超・違和感

 この問題を、舛添知事だけの問題に矮小化してはいけない。舛添批判を強める過去の都知事経験者が、「ファーストクラスは必要」とここだけ及び腰なのは、自分の時代にさかのぼって批判されるのを防ぐためであろう。

 世界最高水準の税率の中、その多くを占める住民税だが、それが議員や知事のファーストクラス大名旅行や、家族旅行や近所の散髪代に消えさせといて、増税をお願いするのは笑止千万だ。

 税金を逃れれば罪に問われるが、税金を不正に使っても秘書のせいにして終わる悲しき現状は、今に始まったことではなく都政始まって以来の伝統ではあるまいか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ムーギー・キム

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国のほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベートエクイティファンドへの投資業務に転身。フランス、シンガポール、上海での留学後は、大手プライベートエクイティファンドで勤務。英語・中国語・韓国語・日本語を繰る。グローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動でも活躍。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)がある。


Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか

欧州系投資銀行、米系戦略コンサルティングファーム、米系資産運用会社等の東京支店にて勤務後、香港・シンガポールに移住、アジア・太平洋地域でのプライベートエクイティ投資業務などグローバルの舞台で活躍し、英語・日本語・韓国語・中国語を操る「グローバルエリート」のムーギー・キム氏。世界中にグローバル・エリートネットワークを持ち、一流エリートたちの生態を知り尽くすキム氏が「一流と二流のはざまにあるもの」について分析する。

「Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか」

⇒バックナンバー一覧