ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座
【第8回】 2010年8月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田典子 [人材育成コンサルタント]

口ベタな人が最も嫌うのは「沈黙」!?
なぜ人は会話が途切れることを恐れるのか

1
nextpage

あえて沈黙してみるのもアリ?

 会話しているときに気になるのは、会話がとぎれること、つまり沈黙です。私自身、以前は沈黙が大の苦手でした。

 「何か言わなければ」と思うのですが、言うべき言葉が見つからない。そうなると、「気まずいなぁ」とか「だから人と話すのはイヤなんだ」とか、さらには「やっぱり私はダメだなぁ」なんてことまで考えてしまっていました。完全な悪循環ですね。

 コーチになってからも、なかなかそれは変わりませんでした。

 クライアントに質問を投げかけてみて、相手が黙ってしまうと、「質問が悪かったのかな」とか「聞いてはいけないことだったのかな」と考えてしまって、心臓がドキドキ……。しばらくして返事が返ってくると、本当にほっとしたものです。

 なぜ沈黙がこわいのでしょうか。私が思うには、「何かを話さなければいけない」と必要以上にプレッシャーを感じてしまうから、沈黙がこわくなるのではないのでしょうか。

 でも、沈黙というものは、そんなにいけないものなのでしょうか。

 映画やテレビを見て、「沈黙」のシーンがものすごく印象的だったことはありませんか? 

 うまい役者や俳優は、セリフ回しが上手なことはもちろんですが、それ以上に「間」の演技が上手です。セリフとセリフの間に、絶妙な「間」が入ることでセリフの重みがグッと増します。

 もちろん、普段の会話でも、わざと間を空けたり、沈黙したりすることで、自分の言葉に重みを与えることができます。

 ただし、そんなふうに沈黙を効果的に使えるようになるまでには、少々高いハードルをクリアする必要があるかもしれません。でも沈黙することは必ずしも悪いことではないと思えれば、それだけでも気がラクになるでしょう。

 うまく言葉が見つからないときは、あせってはいけません。まずは気持ちをゆったりと持つこと。そして、うなずいたり、腕組みをしたり、考えているしぐさをすることで、「いま言葉を探してるんですよ」「何を話そうか考えてるんですよ」というメッセージを相手に伝えましょう。「うんうん」とか「そうですねぇ」といった短い言葉を口にしてみるのも効果的です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前田典子 [人材育成コンサルタント]

神奈川県生まれ。上智短期大学英語科卒。都市銀行、外資系銀行、人事コンサルティング会社勤務の後独立。企業向け能力開発、個人向けコーチングを行う。コミュニケーション、モチベーションが主な活動領域。著書に「強い営業店をつくる今日からやろうコーチング!」「女性力で強くなる」(近代セールス社刊)等。Keiビジネス


口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座

「口ベタを克服したい!」と悩んでいるビジネスパーソンは多いはず。しかし、口ベタは克服する必要はありません。なぜなら口ベタでもコミュニケーション力はつくからです。この連載では、そんな口ベタなあなたに合った画期的なコミュニケーション術をお教えします。

「口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座」

⇒バックナンバー一覧