ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

職場の飲み会はオシャレに進化中?
若手を参加させようと努力する上司の“あの手この手”

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]
【第26回】 2010年8月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「同僚と飲むのも仕事なのですか?」

 職場の飲み会に参加or不参加でもめている光景なんて、10年前ならありえない話。しかし、最近では冒頭のように「飲み会に参加する必要性」を問いただしてくる若手社員も増えはじめています。つまり、飲み会には開く目的が必要になっているのです。もはや、「職場の飲み会も仕事だと割り切って我慢しろ…!」という考えは、通用しません。

 時間に対する価値観が大きく違うイマドキ社員と管理職や先輩社員の間にあるギャップを埋めるのは一苦労です。ただし、イマドキ社員も飲み会が嫌いなわけではありません。そんな流れを受けてか、最近では「飲み会」の姿も様変わりしはじめているといいます。

 では、なぜイマドキの若手社員たちは「飲み会」に目的を求めるようになっているのでしょうか。そして、「飲み会に参加する必要性」に説明責任が求められる時代に、職場の飲み会はどう変化しはじめているのでしょうか?

大箱居酒屋での一気飲みに、宴会芸
“20世紀の若手社員”が経験した「恐怖体験」

 「お疲れ様。今日は盛り上がりましょう。乾杯!」

 レストランで、そうして盛り上がる大人数の騒がしい集団に遭遇したら、残念ながら?それは職場の飲み会に違いありません。

 昔であれば、職場での飲み会は大箱の居酒屋がお決まり。靴を脱いで座敷で行う、隔離されたイベント。飲み放題で、一気飲みする人がいる、気取った雰囲気など無いものでした。若手社員の大半は「苦痛な時間」と感じていたはずです。

 ところがそんな若手社員も管理職や先輩社員になると、

 「おい、何か笑える芸でも見せてくれ」

 などと好き勝手に振る舞えるから宴会が楽しくて仕方ない。つまり、昔の職場の飲み会とは、若手社員が先輩社員を「もてなす会」だったのです。

 私も20代の頃、この“宴会ルール”に恐怖を感じたものでした。宴会芸に対する先輩からの要求は厳しく、つまらなければ「一気飲み」が待っていました。

 ちなみに職場の飲み会はオフィスの傍らにある居酒屋の大広間を貸し切ることが多く、ゆえに多少の大騒ぎくらいは店も大目にみてくれたもの。

 ところが密室ゆえに、
「よし歌うぞ、後ろで踊れ!」
などと大騒ぎをして、周囲に迷惑をかける先輩社員もいて、大変でした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
高城幸司氏の共著「新しい管理職のルール」

時代が変ればマネジメントの手法も変わります。では、どのように「戦略」「業務管理」「部下育成」「コンプライアンス」をどうマネジメントに取り入れるのか。新しいマネジメントのルールを教える1冊。1500円(税込)

話題の記事

高城幸司 [株式会社セレブレイン 代表取締役社長]

1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。職場での“リアルな悩み”に答える、ダイヤモンド・オンラインの連載「イマドキ職場のギャップ解消法」は、常に高PVをはじき出している。
株式会社セレブレインホームページ
高城幸司氏ブログ

 


イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司

グローバル化や女性の社会進出、上司や部下とのジェネレーションギャップなど、もはや同じ価値観を持った人とだけ仕事をすることは不可能です。そんなギャップのある人たちとの上手な付き合い方・対処法を紹介します。

「イマドキ職場のギャップ解消法 高城幸司」

⇒バックナンバー一覧