ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

頭ポンポン、即「いいね!」…
勘違い男のモテテクに女子ドン引き

宮崎智之 [フリーライター]
【第27回】 2016年5月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
あなたは「※イケメンに限る」モテテクやっていませんか?

 いくつになっても、男には「モテたい」という欲求がある。巷に溢れているモテるためのハウツー本やWeb記事を参考にして、実践に移している人も多いだろう。

 しかし、あなたが良かれと思ってやっている「モテテク」は、本当に正しいだろうか。「女の子は、こうすれば喜ぶんだろ?」と上から目線で繰り出す男の「モテテク」は害悪にしかならず、女性からの評判がすこぶる悪い。むしろ、モテから遠ざかるような愚行を女性に対して行っている男が、世の中には多いのだ。

 今回は、女性に聞き取り調査して収集した、男の痛い「モテテク」を紹介しよう。

「押し付けプレゼント」や頭ポンポンは、彼氏面男子の特徴だ

■押し付けプレゼント

 「一緒に食事をしただけなのに、突然、ネックレスをプレゼントされて引いたことがある。初めてのデートの記念って……。店外デートじゃないんだから。ってか、そもそもデートですならない」(30代女性)

 筆者の元には、女性からのこんな声が多数届いている。プレゼントをあげる心意気は立派かもしれないが、なんの脈絡もなく押し付けるのはいかがなものか。

 そもそも、ネックレスや洋服、帽子など、身につけるものをプレゼントする時は、細心の注意が必要だ。人それぞれ好みやこだわりが違うし、「次に会った時に身につけないと、文句を言われそう」というプレッシャーにもなる。さらに、「身につけたら身につけたで、好意があると勘違いされる」といった危険もあり、突然の「押し付けプレゼント」は女性にとって恐怖以外のなにものでもない。

■頭ポンポン

 少女漫画やテレビドラマなどで、よく見かけるシチュエーション。物語のヒロインは胸をキュンとさせて頬を赤らめ、はにかんだ表情をしているが、ここで思い出してほしいのは、あなたが物語に登場するイケメン高校生ではないということだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧