ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

ハーバードのトップエリートが熱狂的に支持する「教え」とは?

~『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』(マイケル・ピュエット、クリスティーン・グロス=ロー著)を読む

情報工場
【第18回】 2016年5月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「道」とはたえまなく形づくっていくもの

 本書を読み終えたとき、高村光太郎の詩『道程』の有名な冒頭の一節が脳裏に浮かんだ。

 「僕の前に道はない
 僕の後ろに道はできる」

『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』
マイケル・ピュエット、クリスティーン・グロス=ロー著/熊谷淳子訳
早川書房 245p 1600円(税別)

 自分の進む先に決まった道があるわけではない。自分自身で切りひらきながら歩んでいくしかない。その歩みが人生という一本の道を作る。この一節には光太郎のそんな決意が込められている。

 本書の原題は“The Path”。中国の思想家が「道」と呼ぶ概念からとったものだそうだ。

 「道」というと何か固定されたものがそこにあるようなイメージを受ける。しかし著者は、「道は、自分の選択や行動や人間関係によってたえまなく形づくっていく行路だ」と書いている。光太郎が「道程」と題した詩の内容は、ぴったり本書の主題につながっているようだ。

 本書の著者の一人、マイケル・ピュエット氏はハーバード大学東アジア言語文明学科の中国史教授。2006年より受け持つ学部授業の「古代中国の倫理学と政治理論」は、「経済学入門」「コンピュータ科学入門」に次いで学内3位の履修者数を誇っているそうだ。卓越した教授法により、ハーバード・カレッジ・プロフェッサーシップも受賞した人物だ。

 もう一人の著者であるクリスティーン・グロス=ロー氏は、ウォール・ストリート・ジャーナルやハフィントンポストなどに多数寄稿するジャーナリスト。ハーバード大学でピュエット氏の講義を聴講し、東アジア史の博士号を取得している。

 ハーバード大学といえば、言うまでもなくアメリカの次世代を担う者たちが通う大学だ。彼らエリートたちが熱狂的に支持する東洋哲学の神髄とは、いったいどんなものだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧