ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

激戦必至の代表選で
民主党は生まれ変わることができるか

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第48回】 2010年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 民主党代表選挙は、二転三転した挙句、結局菅直人首相と小沢一郎前幹事長の一騎打ちとなった。

 告示日の前日(8月31日)に、菅・小沢会談が決裂。30日の段階では、むしろ小沢不出馬の流れとなっていたが、「菅氏の心変わり」(鳩山由紀夫氏)によって、またも一転して全面対決となったらしい。その経緯は、これからの選挙戦で明らかになるはずだが、経緯そのものも選挙に少なからず影響を与えるだろう。

菅首相は「鳩山氏は小沢氏を支持しない」と
甘くみていたのではないか

 どうやら消費税発言と同じように、菅首相には、大きな勘違いや判断ミスがいくつもあったようだ。

(1)「政治とカネ」の問題を抱え、3ヵ月前に辞めた小沢一郎氏が、代表選挙に立つはずがないと思い込んでいたのではないか。

(2)万が一、小沢氏が出馬した場合でも、鳩山氏が全面支持に回るとは考えていなかったのではないか。

(3)世論調査で示される「続投支持」が積極的支持と錯覚しているのではないか。これは(1)自民党を復活させたくない、(2)小沢氏を復権させたくない、(3)首相がころころ代わるのはよくない、という消極的支持に過ぎないから、「世論は菅氏の味方」と断言することはできない。

(4)世論が反小沢だと、民主党議員、特に若手は、小沢氏を離れると思っていたのではないか。比較的世論の動きに敏感な党員・サポーター票は、菅氏支持に流れると甘く見ていたのではないか。

 その勘違いのたびに菅氏の態度は強気になったり弱気になったりして迷走した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧