ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

みずほFGの過激人事改革は銀行文化への“宣戦布告”

佐藤康博みずほフィナンシャルグループ社長・CEOに聞く

週刊ダイヤモンド編集部
2016年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「人事が全て」といわれる銀行業界。入行年次で頭取以下、組織のピラミッドが形成され、人事評価には減点主義が今もはびこる。その変革を宣言した、みずほフィナンシャルグループの“総帥”、佐藤康博社長・グループCEOに決意の程を聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木崇久)

さとう・やすひろ/1952年4月15日生まれ。76年東京大学経済学部卒業後、旧日本興業銀行に入行。旧みずほコーポレート銀行頭取、みずほ銀行頭取などを歴任。現職のみずほフィナンシャルグループ社長・グループCEOには11年就任。 Photo by Kazutoshi Sumitomo

 「銀行産業において、慣行として行われてきた年功序列制度を徹底的に崩す」

 5月13日、新たな中期経営計画の発表会見に臨んだ、みずほフィナンシャルグループ(FG)社長・グループCEO(最高経営責任者)の佐藤康博はそう語った。時間に追われる中、人事制度改革に割いた説明は、会見中でもほぼこの発言のみだった。

 しかし、その短さとは裏腹に、実はこのセリフは銀行の歴史と文化への“宣戦布告”を意味する大胆発言だった。

 「日本の銀行の人事というのは、45歳くらいまではみんな一緒に出世していき、最後にピラミッドのようにそぎ落としていくんです」

 「ただ、これだと高い能力を持つ若い人にとっては成長のチャンスが限られてしまう。そこで、30代半ばから後半くらいの年代でも、支店長を含めて上のポストに登用して活躍してもらう考えです」

 「それは、年下の上司や年上の部下という年次の逆転現象が出てくるということです。日本の金融機関はこれを嫌がる風土があるわけです(苦笑)。ですが、それをやっていこうと」

 「ただし、そうなると年次を逆転された年上の人たちが意欲を失って働かなくなる恐れがあって、それは困ってしまう。また、銀行では50代で行員を出向などで外の会社に出してしまう。そういうことだと、これから若い人たちも数が少なくなってくる中で、もったいない部分もあるわけです」

 「たまたま出世街道からは外れてしまったかもしれないけれど、能力も経験もある。だから、しっかりと自分のエクスパティーズ(専門知識・技能)を持っている人には、65歳までちゃんとした処遇と機会を与えて、みずほの中で働いてもらうつもりです。そうすれば、年功序列制度が崩れたとしても、むしろ組織は活性化していくんじゃないかと思います」

 佐藤は、中堅までは横並び感の強い銀行のキャリアパスにもメスを入れる。優秀な人材を社内からかき集め、“帝王学”をたたき込む特別プログラムを7月から開始するのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧