ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
はじめての問題解決力トレーニング
【第7回】 2016年6月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
斎藤 顕一,竹内 さと子

実は問題は、こんなに深刻だった!
過去と現在をうまく比較してみる方法

例にあげた体重変化のように、数値が非常に大きく変化している場合、ピーク時、ボトム時、現在、平均値というように、過去のいくつかの時点と比較することで、深刻度合いが理解できるようになります。マッキンゼーの人材育成責任者として実践し、BBT大学の講座で人気の著者が、普通のビジネスパーソン向けに書いた『はじめての問題解決力トレーニング』から、エッセンスをご紹介します。

 顕太さんの場合は、ボトム時よりも現在値が増えていることもあり、図表8では棒グラフの順序も、ピーク時、現在、ボトム時、平均と並べてみました。すると、努力をしたボトム時ですら、60~64歳の平均よりも9%ほど重いことがわかりました。どうやら深刻な状況にあるようです。

 ここで、チャートを描くうえでのコツに触れておきましょう。このケースのような場合、たいていの人は時系列に、ピーク時、次にボトム時、そして現在と平均値と並べてしまいがちです。

 でも、このチャートから読み取るべきポイントは、現在はピーク時とボトム時の中間の体重であり、ボトム時ですら平均より重いということです。そう考えると、図表8に示した順番のほうがわかりやすいですよね。

 チャートは考えるための道具なので、まずはある数字を見てチャートを描いてください。次にその意味するところを考えて形を修正すると、伝わりやすいチャートになります。

 よいチャートは説得力を持ちますが、そうでないチャートはむだに時間を取るばかりか、問題の理解を邪魔するおそれもあります。プレゼンテーション資料にはよいチャートのみを選んで入れるのが理想です。

 チャート作りに慣れてくると、伝えたいメッセージをまず頭に思い浮かべて、それを証明するチャートを描くことができるようになります。

 ちょっと高度に感じられるかもしれませんが、そうなれば、初めからよいチャートを作成できて効率も高まります。

 たくさん描いて慣れる以外に習熟する方法はありません。あなた自身の体重でも、お小遣いの使い道でも、お子さんの成績でも、何でもかまいません。身近なデータをチャート化することに、まずは気軽に挑戦してみてください。

(次回は、6月23日公開予定です)

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



はじめての問題解決力トレーニング

これまでの問題解決本は難しすぎた。マッキンゼーの人材育成責任者として、ビジネス・ブレークスルー大学/大学院の人気講座で教える著者がつくった普通のビジネスパーソンのためのわかりやすい問題解決法のエッセンスを紹介。

「はじめての問題解決力トレーニング」

⇒バックナンバー一覧