ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
石原壮一郎「大人のネットマナー教室」

最終回! 「ネット疲れ」に陥らないための5つの心得

~頼もしいパートナーと末永くいい関係を続けるために~

石原壮一郎 [コラムニスト]
【最終回】 2010年9月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 出会いがあれば別れがあり、始めがあれば終わりがあります。春からご愛読いただいた「大人のネットマナー教室」ですが、今回で最終回を迎えることとなりました。

 お名残惜しいですが、しかし、別れがあればまた出会いがあります。近々、単行本という形で……。ま、いきなり長々と告知するのも何なので、詳しい話は最後にまわすとして、本題に入りましょう。

 最後は「ネット疲れ」を予防する心得について。おそらく私たちは、好むと好まざるとにかかわらず、これからもネットと密に付き合っていく宿命にあります。しかし、すでにご承知のとおり、ネットはけっして付き合いやすい相手ではありません。

 接し方や距離感を間違えると、ドッと疲れたり激しく打ちのめされたりしてしまいます。ネットという頼もしいパートナーと末永くいい関係を続けるためには、どんなことに気をつければいいのか。大人としてのスタンスやマナーを考えてみましょう。

◆心得その1
ネットに過大な期待を寄せることなかれ

 確かにネットは便利だし、底知れない可能性を持っています。しかし、しょせんは道具の一種に過ぎません。

 「ネットを華麗に使いこなせば使いこなすほど、デキるビジネスマンになれる!」「ネットで人生が変わる! 今までとは違う別の自分になれる!」などなど、現状が満たされていない人ほど、ネットに対して過大な期待を寄せる傾向があります。しかし、それはひじょうに危険。

 ふと気が付くと、ネットを人より上手に使えることだけがプライドの拠り所になったり、ネット以外の部分にある自分の本当のダメさから目をそらしたりしがち。ちなみに、ここまでの「ネット」の部分を「ツイッター」や「iPad」に入れ替えても、ほぼ同じことが言えます。

 残念ながらネットには、人生を劇的に変えてくれるほどの力はありません。大きな期待はやがて落胆に変わり、激しい徒労感を覚える羽目になります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石原壮一郎 [コラムニスト]

1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に「大人養成講座」でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として、ビジネスから恋愛まで幅広いジャンルで日本の大人シーンを牽引している。ニンテンドーDSのゲームソフトにもなった「大人力検定」では、世に大人ブームと検定ブームを巻き起こした。「大人のホメ力」「30女という病」「決断道」など著書多数。最新刊は「大人のワザあり!超メール術」(青春文庫)。 ホームページ「大人マガジン」http://www.otonaryoku.jp/


石原壮一郎「大人のネットマナー教室」

今や、ネットなしでは夜も日も明けません。しかし、メールにせよツイッターにせよSNSにせよ、その“マナー”や“ルール”は極めて曖昧な状態にあります。ネットの危険な落とし穴にはまらないために、ネットをさらに便利に楽しく使いこなすために、いろんな状況における「大人のネットマナー」を追求していきましょう。

「石原壮一郎「大人のネットマナー教室」」

⇒バックナンバー一覧