ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

弁護士からコンサル、一流営業マンまで続々参加。高いスキルを“無償で提供”する「プロボノ」な人たち

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第11回】 2009年12月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 時給5万円も取るような高いスキルを持つホンモノのプロが、あなたの会社の仕事を無料で手伝いたいと言ってきたらどうするだろうか? そんなうまい話があるはずがないと警戒するだろうか?

 詐欺でも企んでいるか、さもなくば不況のせいで仕事が無くなって営業を仕掛けてきているのか、いずれにせよろくでもない話に違いないと思うかもしれない。しかも、件のプロは本気であなたの会社のために役立ちたいと思っていて、それで自分のスキルと時間を提供したいと言ってきている。あなたは、ますますあり得ない話だと思うだろう。

 しかし、現実にそのような人たちが増えている。「プロボノ」活動をやる人たちである。

来年2010年は、
日本のプロボノ元年に!?

 「プロボノ」というのは、弁護士や公認会計士などの有資格者、各種コンサルタントやデザイナーなどの専門家、一流企業のビジネスパーソンなど、さまざまな分野のプロフェッショナルがボランティアとして社会貢献活動を行なうこと。プロフェッショナルのボランティアならプロボラじゃないのか? と思うかもしれないがそうではない。プロボノは何かの略語ではなく、「公共のために」を意味するラテン語なのだそうだ。

 弁護士が無料法律相談を行なったり、ウェブデザイナーがNPOのウェブサイトを無料で作ったり、コンサルタントがNGOの事業戦略やブランド戦略を無料で構築する。このような活動がプロボノである。

 プロボノが従来のボランティアと異なるのは、普段の仕事でやっていることとまったく同じ内容の仕事を、同じレベルで行なっていることだ。

 例えば、普段はマーケティング戦略の提案を仕事にしている広告代理店のプランナーが、休日にはNGOが企業に提案するためのコーズ・マーケティングの企画書を書いたりする。あるいは、会社では欧米企業との契約業務などを担当しているビジネスパーソンが、夜にはNGOのために、その高い英語能力を活かした翻訳作業や英文メールでの交渉業務を行なっていたりする。

 給料をもらってやっていることと、無給で提供しているサービスが、内容も質もまったく同じなのだ。

 そして、高いレベルのプロフェッショナルほど、積極的にプロボノ活動を行なう傾向が見られる。つまり、熱心なプロボノ活動家は、仕事の値段が高いだけでなく、仕事にも勉強にも多忙で時間が無い。高い価値を持つ知的サービスを、少ない時間をやりくりして無償で提供しようとする。まったく合理的ではない。それなのに、優秀なプロであるはずの彼ら、彼女たちをプロボノ活動に駆り立てるものは何なのか? 今回はそのことを考えてみたい。

 ところで、2010年は(日本における)プロボノ元年なのだそうだ。それを提唱するのはNPO法人の「サービスグラント」。プロボノに特化した中間支援団体だ。スキル登録者は現在、約300名。この1年で倍増したという。

 サービスグラントでは現在、次の3つのサービスをNPOに対して提供している。ウェブサイトの構築。カタログやパンフレットなどの印刷物の制作。営業資料の作成と営業シミュレーションによる営業戦略サポート。プロジェクト毎に5~6人のチームを編成し、サービスを提供する。

 特徴的なのは、戦略性を重視する視点で、たとえばウェブサイトの構築も、単なるウェブのデザインやウェブ制作ではない。対象となるNPOに関して、周辺調査や競合調査まで行った上で分析し、コミュニケーション・コンセプトをきちんと固めた上でウェブサイトを構築する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧