ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
佐高 信の「一人一話」

井上陽水が「禁じ手」にしていること

佐高 信 [評論家]
【第48回】 2016年6月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 とろけるような笑顔の井上陽水から、「携帯電話の待ち受け画面を孫娘の写真にしてるんだ」と言われたのは、彼が還暦を迎えるより前のことだったように思う。

 「オレはいままで女をこんなに愛したことはない」などと続けるので、陽水のファンは印象が違ってガッカリするのではないかと忠告したが、まったく受け入れる様子はなかった。

得意手以外で女性にもてたい

 私が3歳下のこの「ミリオンセラーの人」と会うキッカケをつくったのは、フォーク村の村長さんの異名をもつミュージシャンの小室等と、私の高校時代からの友人で伝説のベルウッド・レコードのディレクターだった三浦光紀である。

 もう大分前のことになるが、長良川河口堰の現地で開かれた反対集会で、私は初めて小室と会った。それで「小室さんのことは三浦からいろいろ聞いてます」と言ったのだが、それに小室はビックリしたらしい。一見、「軟派」の三浦と、ガチガチの「硬派」と思われている私とが、どう考えても結びつかなかったとか。

 翌朝、小室は驚きのままに三浦に電話をする。そして、3人で食事をした。それを聞いた陽水が、どうして自分を誘ってくれなかったのか、と小室を詰(なじ)ったという。なぜか、私に興味を持っていてくれたのだ。そんな経緯があって、4人で会い、盛り上がった。

 そして私は『サンサーラ』の1996年12月号で、陽水と対談することになる。私がホストの連載の相手に彼を頼んだのである。

 終わった後、彼はしきりに「言わされてしまった」と繰り返していたが、得意手以外でもてたいという話を引き出したのは、私の“功績”かもしれない。

 「身近に聞くと、声だけで土俵際までバッと持っていく力がありますね(笑)」と言ったら、彼は「ときどきそういうようにおっしゃる方がいらっしゃるんですよ。でも、それは禁じ手ですから、喋らないようにしています」と答えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐高 信 [評論家]

さたか・まこと 1945年山形県酒田市生まれ。評論家、『週刊金曜日』編集委員。高校教師、経済雑誌の編集者を経て評論家に。「社畜」という言葉で日本の企業社会の病理を露わにし、会社・経営者批評で一つの分野を築く。経済評論にとどまらず、憲法、教育など現代日本のについて辛口の評論活動を続ける。著書に『保守の知恵』(岸井成格さんとの共著、毎日新聞社)、『飲水思源 メディアの仕掛人、徳間康快』(金曜日)など。


佐高 信の「一人一話」

歴史は人によってつくられる。ときに説明しがたい人間模様、ふとした人の心の機微が歴史を変える。経済、政治、法律、教育、文化と幅広い分野にわたって、評論活動を続けてきた佐高 信氏が、その交遊録から、歴史を彩った人々の知られざる一面に光をあてる。

「佐高 信の「一人一話」」

⇒バックナンバー一覧