ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法
【第6回】 2016年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
ウォーレン・バーガー,鈴木立哉

人生を変える「夜の○○の習慣」って?ハーバードの研究でわかった人生必勝法

1
nextpage

 

ダニエル・ピンク(『モチベーション3.0』)、ティム・ブラウン(IDEO社長兼CEO)、アダム・グラント(『GIVE&TAKE』)絶賛!さらに、NYタイムズ、ブルームバーグ・ビジネスウィーク、パブリッシャーズ・ウィークリー他、全米各紙誌で絶賛された世界的ベスト セラー『Q思考――シンプルな問いで本質をつかむ思考法』
グーグル、IDEO、ネットフリックス、パタゴニアなど、世界で最も革新的な企業で次々と爆発的な発想を生み続けている「驚愕の思考法」とは?

毎晩の「コレ」を始めると、人生のすべてがうまく回りだす

 イノベーターはまわりの世界を見回す際、何が欠けているのかを探すことが多い。けれども、自らの人生について問うときは、「鑑賞的探求」〔対象の価値を認めたうえで疑問を抱く方法〕の視点から、そこに何が「ない」かだけでなく、そこに何が「ある」のかを探すことも重要だ。

 鑑賞的探求が前提としている主な条件は、「ポジティブな疑問」だ。問題や欠点ばかりに焦点を当てるのでなく、強みや資産に注目すると効果的な結果が出やすい。

 強みに立脚するとは、日々の暮らしの中でうまく機能していることに着目し、それに頼り、そこから多くのものを得ようとすることだ。これが重要なのは、自問自答を続けていくと、ともすると不満や後悔、無力感にとらわれがちになるからだ。

 「なぜ、自分にはもっとお金が、もっと良い仕事がないのだろう。もっと多くの友人がいないのだろう……」といった具合だ。足りないものや欠けているものは進歩や改善の機会にもなり得るが、このような問いは悲観的な感情を生みやすい。

 「人は希望があると感じ、環境が味方してくれていると実感できるときに積極的な行動を取ることが多い」と、鑑賞的探求の生みの親であるデイビッド・クーパーライダーは指摘している。

 幸福に関する研究者で、ハーバード大学で教鞭を執ったタル・ベン・シャハーは、「感謝の習慣をつけることが重要」だと考えている。ベン・シャハーによると、毎日、一日の終わりに「自分は何に感謝できるだろう?」と考え、その答えを「感謝ノート」に書き記すと、それだけで人は「幸せな気持ち、楽観的な気持ちになり、何事もうまくいきやすく、目標を達成しやすくなる」。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ウォーレン・バーガー(Warren Berger)
デザイン思考、イノベーションといった領域に強みを持つジャーナリスト。ハーバード・ビジネス・レビュー誌、ワイヤード誌、ファストカンパニー誌などに寄稿多数。世界中の何百ものトップイノベーター、起業家、クリエイティブシンカーらに、彼らがどのように疑問を抱き、質問を重ね、独創的なアイデアをつかみ、問題解決しているかを取材。本書は年間ベスト5(IDEO社長兼CEOティム・ブラウン選出)、クリエイティブリーダーへのベストブック、思想的リーダーのためのベスト5(ジェフリー・デイヴィス選出)などに選ばれた他、ニューヨークタイムズ紙他全米各紙誌で絶賛を受け、世界中で刊行。世界の革新的・創造的なビジネスリーダー、企業に大きな影響を与えている。
 

鈴木立哉(すずき・たつや)
一橋大学社会学部卒業。コロンビア大学ビジネススクール修了(MBA)。野村証券勤務などを経て2002年から翻訳業。訳書に『世界でいちばん大切にしたい会社』(翔泳社)、『ブレイクアウトネーションズ』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)など。


Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法

たった1行の問いで、非凡な思考が無数に降りてくる――。

ダニエル・ピンク(『モチベーション3.0』著者)、ティム・ブラウン(IDEO社長兼CEO)、アダム・グラント(『GIVE & TAKE』著者)他、NYタイムズ、ブルームバーグ・ビジネスウィーク、パブリッシャーズ・ウィークリー他、全米各紙誌絶賛!
Google、IDEO、Netflix、Patagonia……数々の革新的企業が駆使し、次々と驚異的発想を生んでいる世界最注目の思考法「Q思考」とは何か?

「Q思考 シンプルな問いで本質をつかむ思考法」

⇒バックナンバー一覧