ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一流の育て方
【第23回】 2016年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
ムーギー・キム,ミセス・パンプキン

「やる気のない子」に自分から勉強させるには?

竹中平蔵教授が「『親の教科書』といえる稀有な良書」と評し、『「学力」の経済学』著者、中室牧子氏が「どうやって子どもをやる気にさせるのか、その明快な答えがここにある」と絶賛。また、高濱正伸氏(花まる学習会代表)が「リーダーシップ育成の教科書として、目下最良の一冊」と称する『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる』
発売わずか3ヵ月で15万部を突破し、子育てのみならず、ビジネスやあらゆる分野のリーダーシップを伸ばすビジネス書として、異例のベストセラーとなっている本書の内容から「本当にためになる」育て方の秘密を公開する。

 

「報酬」を与えて勉強させてもいい?──目先のメリットにしか反応しない子どももいる

【家庭教育アンケート】

●金銭的インセンティブがモチベーションになった
 小学生のころはテストで満点を取ると、お小遣いをもらえるシステムだったので、勉強を頑張るのは当たり前だった。おカネではなくとも、勉強をすると何かを得られるという考え方はあってもいいと思う。勉強が好きで、自主的にするのが当たり前というのが理想ではあるが。(慶應義塾大学環境情報学部Kさん)
●好きなものを買ってもらえるので頑張った
 中学までは、私が勉強である一定の成果を出すと母からほめてもらえ、さまざまなものを買い与えられた。私は母にほめてもらえること、好きなものを買ってもらえることが嬉しくて頑張った。(東京大学大学院学際情報学府Mさん)

 

どうしてもやる気が起きない子にはニンジンを──意外と多い、「報奨制度」で育てた家庭

 わが家では夫がよく、「勉強する意義」を子どもに話して聞かせていましたが、子どもたちは遠い将来の話として、他人ごとのように聞き流していました。

 このように、いくら理屈を説いても響かず、どうしても「今、勉強すること」と結びつけて考えられない子どもを勉強するよう仕向けるには、一体どうすればよいのでしょうか。

 あまりほめられた話ではありませんが、わが家で次善の策として採ったのが、「ニンジンをちらつかせる」方策です。わが家の「報酬制度」については、すでに本章の冒頭で息子がバラしてしまったので白状しますが、わが家では海老で鯛を釣る作戦が成功しました。

 私は見栄っ張りで、このような邪道な方法で子どもを勉強させたことを恥じ、誰にも秘密にしていました。ところが4人の子どもたちが通うそれぞれの進学校で、この作戦で子どもさんを勉強させたという親御さんが何人もおられたのには驚き、苦笑したものです。

 そしてアンケートを見ても、成績がいいとご褒美がもらえ、それが目的になって頑張る気になったという学生さんたちが数多くおられました。放っておいても自主的に勉強する子どもの親御さんから見れば、いささかレベルの低い教育法かもしれませんが、恰好などかまっていられません。

 よい教育を受けるための列車(進学校)に乗せるのに、なかなか自分で乗ろうとしないなら、あらゆる手を使ってでも乗せてやりたいのが親心です。いったんその列車に乗ると、同じ目的地に向かって進む仲間がたくさんいて、運転手さんたち(先生方)がぐいぐい引っ張っていってくれるのですから。

 中学受験のとき、長男は高価な熱帯魚(アジアアロワナ)と、それが自由に泳げる大きな水槽が欲しくて堪らなかった状況でした。それで父親が、その息子の足元を見て、報奨金制度の密約を結んだのです。それも試験で1位になるごとの報奨金が1万円だというので、私は驚きました。前述しました母子の二人三脚に加え、その父子密約のおかげで息子の目の色は変わり、必死に頑張ったものです。

 海老と鯛作戦がいつも功を奏するとは限りませんし、結果に報酬を与えるのか、プロセスに報酬を与えるのかという議論もあることでしょう。ただ、当時のわが家ではうまくいきました。

 ほめられた手段ではありませんが、将来のことを話してやるだけではどうにも動かない子もいるものです。何もせずに手をこまねいているよりはよかったと思っています。

 やる気が起こらない子には、子どもの性格に合った方法を探してあげることも大切です。それは小学生という早い時期ほどやりやすく、そのときの成功体験は、子どもにとって大変大きな自信になるのです。

(※この原稿は書籍『一流の育て方』から抜粋して掲載しています)
 

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ムーギー・キム

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国のほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベートエクイティファンドへの投資業務に転身。フランス、シンガポール、上海での留学後は、大手プライベートエクイティファンドで勤務。英語・中国語・韓国語・日本語を繰る。グローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動でも活躍。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)がある。

ミセス・パンプキン

1947年生まれ。立命館大学法学部卒業。一般的な家庭でありながら、4人の子どもはそれぞれ、プライベートエクイティ・プロフェッショナル、ニューヨーク州弁護士やロンドン勤務の公認会計士、カナダの大学教員などグローバルに活躍するプロフェッショナルに成長。東洋経済オンラインでの長期にわたる人気連載「ミセス・パンプキンの人生相談室」では膨大な数の育児相談をこなし、さまざまな家庭の問題について、洞察あふれるアドバイスを提供している。


一流の育て方

竹中平蔵教授が「『親の教科書』といえる稀有な良書」と評し、『「学力」の経済学』著者、中室牧子氏が「どうやって子どもをやる気にさせるのか、その明快な答えがここにある」と絶賛! “グローバルエリート”ムーギー・キム氏と、子育て連載でバズ記事連発のミセス・パンプキン氏が膨大な「家庭教育調査」から著した画期的な一冊『一流の育て方 ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子』を育てるから、そのノウハウを大公開する。

「一流の育て方」

⇒バックナンバー一覧