そして、3つめは発言の語尾がはっきりしないこと。語尾をあいまいにせず、しっかりと言い切る人はミスが少ない傾向があります。自分のすべきことを理解している人は、あいまいな表現を使うことはないからです。

 そこで、ミスを起こしやすい人は、これまでの仕事のスタイルとは反対の行動をとってみるといいでしょう。

・集中力を高めるポイントを理解する
・言葉尻に反応して行動する
・あいまいな言葉をつかわない

 という3つのことを意識するとミスは減って、リカバーができるはずです。

 最後にミスを引き起こしやすいように、誤ったプレッシャーをかける人がいます。人はプレッシャーに弱いもの。プレッシャーを感じれば感じるほど、集中力が研ぎ澄まされる人もいいますが、大抵の人は焦って何も手につかなくなりがちです。プレッシャーがかかると、ストレスフルな状態になります。気持ちと身体は、連動しているので、気持ちの影響を体は受けます。そして結果として、ミスが起こりやすくなります。

 何より大切なのは、相談できる人、協力してくれる人を作ること。そうすることで、物事を複眼でとらえやすくなり、ミスを事前に防ぐことが可能になります。さらに、信頼できる上司や仲間が居ると、気持ちも安定してくるので安心して仕事ができるようになることでしょう。