ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

DV加害の濡れ衣で逮捕!
別れを拒むモンスター彼女の恐怖の罠(下)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第32回】 2016年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 そしてあの日。哲也さんの人生はこの日を境に、大きく変わってしまったのです。それは台風が上陸する前日でした。横殴りの雨が吹きつけ、アパートの近くに止めてある自転車は、すべてなぎ倒されていました。

 そんな悪天候の日曜に彼女が姿を現したのです。哲也さんは「安心介護の田中サービス」の軽自動車に駆け足で近付き、窓ガラスをコンコンと叩きました。車のなかには、やはり彼女がいました。

 彼女の目は血走っており、しかめっ面をしてこちらを睨み付けてきたそうです。

 彼女が運転席のドアをガチャンと開けて、車から出てくると哲也さんは唾を吐きかけんばかりの勢いで「いい加減にしてくれないか!迷惑してんだよ!!」と言ったそうです。

 しかし、彼女は哲也さんの目一杯の怒号に屈せず「アンタ、この責任どうしてくれるのよ。『一緒になれたらいいね』なんて口ばっかり。アタシを騙しといて、どういうこと!」と言い返してきました。

 さらに彼女は哲也さんの胸にもたれかかり、体を預けてきました。哲也さんは思わず、「ふざけるな!」と彼女を振り払いました。そして彼女の両肩を軽い力で、押したのですが、そのはずみで彼女が車のボンネットに体をぶつけてしまい、「イターイ!」と倒れこんでしまいました。彼女が転ぶ際に、地面についた腕は、みるみるうちに赤く腫れ上がっていきました。ひざには擦り傷がついていました。

 哲也さんは慌てて、「大丈夫か」と声をかけたのですが、そのとき、空気が一変します。体格の良い男性2人がいきなり、ビルの陰から姿を現し、哲也さんの両腕を掴み、そのまま締め上げたのです。それは私服の警察官でした。

 呆然とする哲也さんをそのまま警察官はパトカーの中に連れていきました。哲也さんは「自分の身に何が起こったのか」理解不能でした。暴行罪による「現行犯逮捕」でした。

ストーカー被害を受けていたはずが
ストーカー加害者に、さらに職場では…

 その後、警察署で、およそ信じられない、耳を疑うような話を聞かされました。彼女は以前から何度も、警察のストーカー対策室に相談していたそうなのです。哲也さんに暴力を振るわれ、脅かされ、とても困っている、と。さらに、彼女が別れたいと何度も言っているのに哲也さんが執拗に付きまとい、ストーカーまがいの行為をしている、と。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧