ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
毎朝、服に迷わない
【第3回】 2016年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
山本あきこ、MB

旦那をおしゃれに変身させるには、まずボトムを買う

1
nextpage

『毎朝、服に迷わない』が大ヒット中のスタイリスト山本あきこさんと、『最速でおしゃれに見せる方法』がロングセラーのカリスマバイヤーMBさんのトークショー。最終回は、「彼or彼女をおしゃれに変身させるには」のテーマで語り合ってもらいました。(構成:佐藤友美)

男性をおしゃれにしたいならボトムスを買う

__前回は、デートに着てほしい服、嫌な服で盛り上がりましたが、ここからは、「彼や彼女、ご主人や奥さんを変身させよう」というコーナーです。
せっかくの山本さんとMBさんのコンビなので、それぞれ女性目線、男性目線の「パートナー改造計画」を聞かせてください。

山本 男性はプライドがあるから、いかにそのプライドを傷つけずに、自分好みのファッションにしてもらうかが重要だなと思います。

MB たしかに、その通り。

山本 いま持っている服を否定せずに、ちょっと新しいアイテムを投入してみて「これも素敵じゃない?」という感じでしょうか。男性は、第三者に褒められれば、「前にファッションよりこっちのほうがいいのかな」と思ってくれるので。
男は褒めて伸ばす、これが基本です(笑)。

MB 僕のメルマガには、読者からのメッセージが毎週50〜60通くらいくるのですが、そこでみなさん、褒められたことを報告してくれるんですよね。「会社の後輩にすごくおしゃれだと褒められた」とか。
僕が一番嬉しかったのは、60代の男性なのですが、娘さんの友達がアパレルのショップスタッフで、その友達が家に遊びにきたときに「お父さん、めちゃくちゃおしゃれじゃん」と褒められましたというメール。
やっぱり、男性は褒められるとすごくモチベーションがあがるので、ぜひ褒め上手になってほしいですね。

山本 MBさんは、男性をおしゃれにするための秘訣はどんなところにあると思いますか?

MB これは『最速でおしゃれに見せる方法』をはじめ、書籍でも何度も書いているのですが、男性が変わるのは、パンツです。彼女さん、奥さんに言いたいのは、とにかくパンツを買ってあげてくださいということ。
たしかにトップスを変えると印象は変わります。だから、「嫁に言われたからおしゃれになろう」と思って買い物にいくと、男性は100パーセントトップスを買ってきます。
でも、大事なのは、印象を「整える」役割をするボトムスなんです。ボトムスの印象を整えないまま、トップスばかり買ってころころ印象を変えても、いつまでもおしゃれになれません。
どんなにかっこいいトップスを着ても、パンツがいつもの薄汚れたデニムだと台無しでしょ。

山本 たしかに!男性が最初に買うべきボトムスは何ですか?

MB 僕がおすすめするのは、細身の黒のパンツです。細身の黒は、印象が大人っぽく「整う」ので、トップスがいつものTシャツでも、グレーのパーカーでも、意外とおしゃれに見えます。
だから、彼女や奥さんは、ユニクロで黒の細身のパンツをゲットして、静かにタンスに入れておいてあげてください。自然におしゃれになります(笑)。

山本 そして、履いたらすかさず褒めるわけですね。

MB そうです。「すっごく似合うじゃん!」て。これでOK。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



毎朝、服に迷わない

『毎朝、服に迷わない』が大ヒット中のスタイリスト山本あきこさん。さまざまな方をお呼びして、いろんな角度からおしゃれになる秘訣に迫ります。

「毎朝、服に迷わない」

⇒バックナンバー一覧