ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
商品市場透視眼鏡

遠のく米利上げと世界経済の緩やかな拡大は
相場の追い風

芥田知至 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部主任研究員]
2016年7月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 国際商品市況全般の動向を表すロイター・コアコモディティーCRB指数は、6月上旬に高値を付けた後、反落したが、下値は堅い動きを示している。

 6月24日に英国民投票でEU離脱派が勝利するというショックがあり、27日にかけて下落したが、その後は反発基調である。

 品目別に見ると、エネルギーの代表である原油は底堅い。国際指標となる欧州北海産のブレント原油は、武装勢力による石油施設への攻撃が続くナイジェリア情勢を懸念して6月9日には1バレル当たり52.88ドルに達した後、英国のEU離脱への懸念が強まった27日には47.16ドルまで下落したが、その後、50ドル前後で推移している。

 ベースメタルの中心であり、世界景気の先行指標としても注目される銅相場は、24日に下落したものの、その後は上昇傾向で推移し、5月上旬以来の高値を付けた。亜鉛は昨年6月以来、ニッケルは昨年11月以来の高値である。

 各ベースメタルの最大消費国である中国の景気動向は一進一退であり、先行きの見通しは晴れないものの、英国のEU離脱に伴って中国が被る直接的な悪影響は大きくないとの見方がベースメタルを買いやすくしていると思われる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


商品市場透視眼鏡

農産物・鉱物などの商品投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、商品市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「商品市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧