ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

三菱グループ内で豪華客船受発注をめぐり「神経戦」

週刊ダイヤモンド編集部
2016年7月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

豪華客船「飛鳥2」の後継船の建造をめぐり、発注側の日本郵船と受注側の三菱重工業が神経戦を展開している。浅からぬ関係にある三菱グループ内の交渉が、なぜここまでもつれているのか。その真相に迫った。(「週刊ダイヤモンド」編集部 千本木啓文)

 「できれば(客船『飛鳥2』の後継船〈以下、『飛鳥3』〉は)日本の造船所で造りたいが、唯一、高級な客船を造れる三菱重工業は、非常にいろいろとお考えのようで、まだ結論が出ていない」

 日本郵船の内藤忠顕社長は6月20日の株主総会で、子会社が運航する「飛鳥3」の発注先を決められないことへの不快感をあらわにした。

 かねて、内藤社長は「飛鳥3」の建造は三菱重工でとの意向を持っていたとされる。冒頭の発言は、三菱重工へのプレッシャーを強めるダメ押しともいえるものだった。

 日本郵船にとって三菱重工は、所有株式数で第3位の大株主である。その浅からぬ関係にある三菱重工に対して、日本郵船トップが公然と批判めいた発言をするのは異例のことだ。

 その背景には、「飛鳥2」の更新時期が迫っていることへの焦りがある。同船は三菱重工によって建造されてから26年。老朽化が進んでいるのだ。

「飛鳥Ⅲ」の建造をめぐり、水面下で鞘当てする日本郵船の内藤忠顕社長(右)と三菱重工業の宮永俊一社長 Photo:REUTERS/アフロ、Fusako Asashima、JIJI

 日本郵船は「飛鳥3」の発注先を今年度中にも選定する方針。三菱重工と発注契約の合意ができなければ、中古船を買ってそれを改装することまで視野に入れている。

 内藤社長があくまで三菱重工にこだわるのは、「飛鳥2」の乗客の中心がシニア世代の日本人であり、三菱重工が建造した“国産”の客船であることがウリになるからだ。かつて三菱重工が手掛けた客船「ダイヤモンド・プリンセス」のキャッチコピーも“日本生まれ”である。日本発着の客船にとって、三菱重工のブランドは重要なのだ。

 だが、こうした期待をよそに、三菱重工は「飛鳥3」の受注に積極姿勢を見せない。

 最大の要因は、米カーニバル傘下の独アイーダ・クルーズ向けの客船の工事で大失態を犯したからだ。設計のやり直しで建造が遅れ、部品の調達も混乱。遅れを取り戻すために追加費用が膨らんだ。

 結果として、2隻で1000億円ともいわれる受注額を大幅に上回る累計2375億円の特別損失を計上した。「“みそぎ”を済まさなければ、次の客船を受注できない状況になっている」(三菱重工関係者)というのである。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧