ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

世界が模索する「新しい資本主義」のあり方とは?
「金融」で「社会問題」を解決する新たな動き

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]
【第29回】 2010年10月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本経済が世界からおいてけぼりを食らっている、という話はしょっちゅう聞かされる。この国が20年にもわたって経済成長できていないのも、日本企業が韓国、台湾、インドなどの企業に駆逐されてつつあるのも、すべて世界の動きについて行けてないからだという話だ。

 その指摘は基本的には正しい。しかし、その議論の中身はというと、日本を環境立国にしろとか、観光立国にしろとか、アニメで食っていけとか、金持ち税制を廃止しろとかもっとやれとか、議論自体にあまり画期的な視点がない。世界ではすでに実行段階に入っているようなことばかり議論しているように見える。

日本がキャッチアップできていない
「あるテーマ」とは?

 そのいっぽうで、ここ数年、特にリーマンショック以降、世界では“あるテーマ”が大きな話題になっているが、残念ながら日本ではあまり議論されていない。「日本経済は世界にキャッチアップできていない」とエコノミストは指摘するが、そのテーマにキャッチアップできていないエコノミスト自身が、世界にキャッチアップできていないといえる。それが日本経済界の大問題なのである。

 ビジネスセクターと社会セクター、つまり社会を構成する主要な陣営が共通して議論しているもっともホットなテーマ。それは、『資本主義のあり方』である。日本では、鳩山内閣が打ち出した「新しい公共」が日本社会を変える起爆剤になるかもしれないと期待する人たちもいるが、世界では「新しい資本主義」こそが世界を変えるものとして議論されている。

 この連載も最近は高校生や大学生も読んでくれているようなので、念のために解説しておくが、資本主義の「資本」とはお金のことではない。利益を生み出すもの。それが「資本」だ。たとえば、初期資本主義の時代は工業化の時代で、工場でモノを作って売ることが利益を生んでいた。つまり、利益を生み出すのは工場であって、工場を作るためにお金は必要だが、本質的には工場が資本なので、この時代は工場資本主義だった。お金がお金を生み出していたわけではないのだ。

 しかし、ヘッジファンドとか金融工学などが出てきて金融業が発達し、お金が直接お金を生むという経済が主流になってきた。お金がダイレクトに資本となったわけで、金融資本主義とはこういう意味である。

 金融資本主義の問題点は、実体経済とお金の流れがどんどん乖離していってしまうことで、この構造はバブルを生み出すし、途上国に無用な経済成長を強いることにもなるし、貧富の差を拡大させることにもなる。

 しかし、これは資本主義そのものの問題点ではなく、金融資本主義の問題点なので、これに変わる「新しい資本主義」を考え出して実行すれば、世の中はもっと良くなる。これが世界の大きなトレンドとなっている考え方である。経済のあり方を変えて世界を変えようというトレンドなので、ビジネスセクターだけでなく社会セクターからも、さまざまな考え方が打ち出されているというわけだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

竹井善昭 [ソーシャルビジネス・プランナー&CSRコンサルタント/株式会社ソーシャルプランニング代表]

マーケティング・コンサルタントとしてクルマ、家電、パソコン、飲料、食品などあらゆる業種のトップ企業にて商品開発、業態開発を行なう。近年は領域を社会貢献に特化し、CSRコンサルタント、社会貢献ビジネスの開発プランナーとして活動。多くの企業にてCSR戦略、NGOのコミュニケーション戦略の構築を行なう。「日本を社会貢献でメシが食える社会にする」ことがミッションに、全国各地で講演活動を行なう。ソーシャル系ビジネスコンテストや各種財団の助成金などの審査員多数。また、「日本の女子力が世界を変える」をテーマに、世界の女性、少女をエンパワーメントするための団体「ガール・パワー(一般社団法人日本女子力推進事業団)」を、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏、日本キッズコーチング協会理事長の竹内エリカ氏らと共に設立。著書に『社会貢献でメシを食う。』『ジャパニーズスピリッツの開国力』(いずれもダイヤモンド社)がある。

株式会社ソーシャルプランニング
☆竹井氏ブログ 社会貢献でメシを食う〝REAL(リアル)〟
☆Twitterアカウント:takeiyoshiaki


社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭

CSRやコーズマーケティングをはじめ、「社会貢献」というテーマがポピュラーとなったいま、「社会貢献のセカンドウェーブ」が来ている。新たなサービスやプロジェクトのみならず、新たな主役たちも登場し始めた。当連載では話題の事例を取り上げながら、社会貢献的視点で世の中のトレンドを紹介していく。
*当連載は、人気連載『社会貢献を買う人たち』のリニューアル版として、2014年1月より連載名を変更しました。

「社会貢献でメシを食う。NEXT 竹井善昭」

⇒バックナンバー一覧