ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週もナナメに考えた 鈴木貴博

ソフトバンクARM買収、10年後が見えなくても価値がある理由

鈴木貴博 [百年コンサルティング代表]
【第26回】 2016年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ソフトバンクがイギリスの半導体大手ARMを約3.3兆円で買収した。アリババの一部株式やガンホーの株式などを売却して2.3兆円の手元資金を準備し、1兆円をみずほ銀行からつなぎ融資を受けてという形で、ほぼ自前資金での大型買収となった。

 過去のソフトバンクの大型買収といえば2006年のボーダフォン買収と2012年のスプリント買収が各々約1.8兆円だったので、今回のARMの買収はその両社を合わせたのとほぼ同じ規模に近い、ソフトバンクの歴史上最大の買収劇である。

ソフトバンクの中核事業になるのか?
「IoTの時代」の生活とは

ソフトバンクのARM買収の本当の意図とは?
Photo by Takeshi Kojima

 さて、ソフトバンクがARMを買収した理由は10年後、IoTの時代がやってきたときに、「ソフトバンクグループの中核中の中核」となる企業を手に入れるということだと孫社長は説明した。これはどういうことなのか?

 IoTは、「Internet of Things」の略で、家電や自動車、宅配便の荷物からコンビニの棚まですべてのモノがネットワークに接続され情報をやりとりすることで、現在よりも圧倒的に世の中の効率がよくなる近未来を意味する言葉だ。

 一説によれば今から5年後には500億個のモノがインターネットにつながり、センサーによって情報がクラウド上に集められ、AIによって分析され、より最適な状態が達成され、圧倒的なコスト削減や機会損失をなくすことができるという。

 が、わたしの周囲にも「それがどういうことか具体的にイメージがつかない」という人は少なくない。なによりもIoTについて説明してくれている記事にそれが書かれていないことが多いのだ。

 ひとつだけ具体例を挙げてみよう。

次のページ>> IoTのある生活とは…
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

鈴木貴博 [百年コンサルティング代表]

30年のキャリアを誇る経営戦略コンサルタント。情報分析や業界分析に強く、未来予測やイノベーション分野が得意領域。一方で雑学にも強く、経済エンタテナーとして各方面に寄稿。経済クイズ本『戦略思考トレーニング』シリーズは20万部を超えるベストセラー。マスコミ関係者の地下クイズ集団『夜会』のメンバーとしても活躍。


今週もナナメに考えた 鈴木貴博

経済誌をにぎわすニュースや日常的な経済への疑問。そのときどきのトピックスについて経済の専門知識を縦軸に、社会常識を横軸において、ナナメにその意味を考えてみる。

「今週もナナメに考えた 鈴木貴博」

⇒バックナンバー一覧