ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

生活費一ヵ月分を
投じて得た仕入れ先

北 康利 [作家]
【第18回】 2016年8月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

はじめての雑誌広告

 どんな世界でも上を目指していこうとすると、かならずそこにはライバルが立ちはだかる。それが世の常というものだ。

 新規参入をしようと小売店を回ってみて、門前払いされる時にはきまって同じ社名を聞かされた。

 「わたしのところは青山さんと取引させていただいているんで結構です」

 京都に青山商店という強敵が存在していたのである。古くから同様の商品を扱っていたこの世界の老舗である。

 (同じような商品仕入れてたんでは、青山はんには永遠に勝てんな)

 だからといって、新しい仕入れ先にあてがあるわけではない。

 そこで幸一が考えたのは奇想天外な一手だった。

 『月刊仕入案内』という、戦前から大阪で発行されている業界誌に広告を出したのだ。

仕入先求む
当方二十六歳の復員軍人、財無けれど精励恪勤期待を裏切らず
              京都市二条通東洞院東入
                   和江商事
                    塚本幸一

 この広告を出したのは昭和22年(1947年)2月ごろのことであった。

 “財無けれど”とは思わず笑ってしまう。そんな会社と誰が取引しようと思うだろう。正直かもしれないが、正直すぎる。彼の人柄が表れた広告と言えるだろう。

 掲載料の2000円は幸一の1ヵ月の生活費に相当する。彼にとっては乾坤一擲の大勝負だった。

 意外なことに反応があった。1ヵ月ほどしたある日、山梨県の山間の村で水晶加工業を営んでいる依田喜直という人物から手紙が届いたのだ。

 広告を見た依田は、

 (世の中にはおもしろい男があるものだ。端的に自分の信念を言い放っている。よし、おれが信用してみよう)

 と思ったのだという(『ワコールうらばなし』所収、依田喜直「塚本社長と私の奇しき出会いと追憶」より)。

 こちらも相当の変わり者だ。

 当時、依田は47歳。代々村長を務める裕福な家だったが、戦後の農地改革でほとんどの田畑を失っていた。だがそこはさすが甲州商人の伝統を持つ山梨県人。窮余の策として敗戦で放出されたブラジル水晶を10トン買い、水晶の加工業・有限会社依田製作所を立ち上げたのだ。

 依田からの手紙は、水晶メーカーである依田製作所の経歴と自社製品の優秀性、安さを熱く説くものであった。加えて具体的な製品内容や単価などが10枚あまりの便箋に細かい字でびっしりと書かれている。

 幸一はその内容に感動し、一面識もない彼に、何とすぐさま手持ちの金すべてを送るのである。仕入れの代金を前払いしたわけだ。しめて3000円。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北 康利 [作家]

きた・やすとし/昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。松下政経塾講師。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』、『吉田茂ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『西郷隆盛命もいらず、名もいらず』(WAC)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)などがある。最新刊は『佐治敬三と開高健最強のふたり』(講談社)。


ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れるその豪快華麗な生涯を、いま最も注目される評伝作家・北康利が描きだす!

「ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一」

⇒バックナンバー一覧