ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
危機管理最前線 from リスク対策.com

リオの劣悪治安事情、警察ですら立ち入りできない区域も

リスク対策.com
【第7回】 2016年8月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
リオデジャネイロのファベーラ(スラム街)。地元警察ですら立ち入りできない区域もあり、観光客が足を踏み入れると高確率で犯罪に巻き込まれる

南米大陸初のオリンピックがブラジルのリオデジャネイロで、2016年8月5日から8月21日にかけて開催されますが、現状のブラジルの政治、経済が混乱していることは、ご存知の通りです。劣悪とされている治安問題について、まとめてみました。(有限責任監査法人トーマツ ディレクター/デロイト トーマツ 企業リスク研究所 主席研究員 茂木 寿)

  世界的に見ても、ブラジルの治安状況の悪さは突出しており、国連の統計では、殺人事件発生率(人口10万人当たり)は日本の約90倍に達しています。

 都市部では、窃盗、ひったくり、スリ等は当然のこと、殺人・強盗・強姦等の凶悪犯罪、短時間誘拐(稲妻誘拐:Sequestro relâmpago:サンパウロ市内では1日平均12件発生)が日中でも発生しており、そのほとんどで、銃器等が使われれることが大きな特徴となっています。

 強盗の種類も、歩行者を狙った路上等での強盗(歩行者強盗)、自動車を狙った強盗(自動車強盗)、住宅(含:集合住宅)での強盗(住宅強盗)等、多岐にわたっており、日常茶飯に発生しています。

 更に、バス・鉄道・地下鉄等の公共交通機関での強盗事件も多発しており、リオデジャネイロ市では2016年1月だけで、バス車内で462件の強盗事件が発生したとされています。

 ちなみに、在ブラジル日本大使館のHPで連邦直轄区と日本との犯罪発生率(人口10万人当たり)の比較が掲載されていますが、それによれば、ブラジル連邦直轄区の犯罪発生率は日本と比べ、下記のような数値となっています。

 殺人:約28倍
 強姦:約25倍
 歩行者強盗:約1,500倍
 自動車強盗:約1,700倍
 住宅強盗:約120倍

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


危機管理最前線 from リスク対策.com

新建新聞社が発行する危機管理とBCPの専門メディア「リスク対策.com」より、防災・危機管理実務者だけでなく、一般ビジネスマンや一般家庭でも知っておくべき、防災・危機管理に関する最新情報をお届けします。

「危機管理最前線 from リスク対策.com」

⇒バックナンバー一覧