ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週末はこれを読め! from HONZ

「箸」はいかにして匙を退けアジア14億人に広まったか

『箸はすごい』

山本尚毅 [HONZ]
【第9回】 2016年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

箸には7000年の歴史がある

 14億人もの人が箸をつかっている。しかも、ほぼ毎日である。一度ではない、2、3回は使う。ここまで頻繁に利用する道具はそう多くはない。

 だいたい物心がつく前後から箸に慣れ親しみはじめるが、主に教わるのは正しい箸の持ち方としつけである。矯正用の箸を使って、持ち方を叩き込まれる。「指し箸」「迷い箸」「刺し箸」などやってはいけないマナーを厳しく教えこまれる。

 そうした厳しい訓練をへて、2本の棒を自由自在に操り、食卓を楽しむことができるようになる。ご飯を下から救い上げで口に運び、つるつるした小さな豆をつまみ、熱い具材を箸の上に載せてふーふーするなど、自由自在に箸を使いこなしていく。しかし、手の延長として日常に浸透し、こなれた箸さばきを身につけた後は、箸そのものへに意識を向け、好奇心を持つことはあまりない、というかほとんどない。少なくとも、私にとってはそうだった。

 世界の食文化は手食派、フォーク・ナイフ・スプーン派、箸派とに三分割される。そして、箸はいつから、どこの地域で、どんな経緯で主役の座を勝ち取ったのか、この疑問を解き明かしていくことが本書のぶれない軸である。

 まず、箸には7000年の歴史があるそうだ。その証拠に中国の新石器時代の遺跡から、動物の骨を利用した箸の原型が出土している。しかし、その当時の箸は、口に運ぶだけの道具だったのかどうかはわからない。今と同じといえばそうだが、発掘された箸の長さや太さから調理道具と食事道具の兼用だった可能性が高い。そして、箸は道具として脇役に過ぎなかった。

 箸が食卓の主役になる前は匙(さじ)が主に使われていた。箸は温かい汁の中の野菜を、つまみ上げる道具として重宝されていたが、それ以外は匙や手を使っていた。箸は匙を助ける2番手の役割で、当時の文献では箸に「筯」の字を当てられることが多かった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山本尚毅 [HONZ]

1983年石川県生まれ。北海道大学農学部農業経済学科卒。農業は机上で学ぶ。上京後、システム会社に勤務した後、発展途上国の貧困解決を志すベンチャーを創業。2015年より一転、某学校法人に勤める。好きな本屋は近所にある往来堂(千駄木)。好きなジャンルは、文化人類学や人間の心理や認知に関するものや、答えのない課題を追い求める結論のない本。

 


週末はこれを読め! from HONZ

読むに値する「おすすめ本」を紹介するサイト「HONZ」から、週末読書にオススメのノンフィクション本のレビューをお届けします。HONZが対象とするのは小説を除くすべての本です。サイエンス、歴史、社会、経済、医学、教育、美術、ビジネスなどあらゆる分野の著作が対象です。

「週末はこれを読め! from HONZ」

⇒バックナンバー一覧