ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

今度こそ日本は乗り遅れるな!インターネット「第三の波」

~『サードウェーブ』(スティーブ・ケース著)を読む

情報工場
【第23回】 2016年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

またも日本はインターネット革命に乗り遅れるのか?

 UberやAirbnbといった、インターネットを用いたいわゆる「シェアリングエコノミー」のサービスが欧米を中心に広まり始めている。しかし、日本ではタクシー業界や旅館業界などの抵抗も根強く、それぞれの業界特有の規制のせいで、これらの便利なサービスがまだ全面的に利用できる状態になっていない。政府主導の委員会などで規制緩和を検討したり、特区を設けて実験的にサービスを開始したりしているのが現状だ。

 しかし、利害関係のある既存事業者も、自分たちのビジネスを守るために必死でロビー活動を繰り広げるため、折り合うのはなかなか難しそうだ。

 今後、インターネットを活用したこのようなイノベーションが、タクシーや宿泊業界だけでなく、さまざまな産業で起こると考えられる。日本がこうした世界の潮流に乗り遅れないためにはどうするべきなのだろうか。

『サードウェーブ』
スティーブ・ケース著/加藤 万里子訳
ハーパーコリンズ・ジャパン
260p 1600円(税別)

 本書の著者であるスティーブ・ケース氏は、アメリカ・オンライン(AOL)の元CEOで共同創設者。ケース氏が立ち上げたインターネット・プロバイダのパイオニア的存在であるAOLは1990年代に急成長を遂げ、2000年1月にメディア大手のタイム・ワーナーと合併。「AOLタイム・ワーナー」の時価総額が当時3500億ドルを超えるなど、米国史上最大の合併と騒がれた。

 しかしITバブルの崩壊を引き金とした経営不振を機に、2003年にケース氏は同社会長職を辞任。AOLとタイム・ワーナーの合併もその後2009年に解消されることになる。

 ケース氏は現在、投資会社レボリューションの会長兼CEOを務めるかたわら、ケース財団の会長として若き起業家の支援に尽力している。また、"グローバル・アントレプレナーシップのための大統領特使(PAGE)"メンバーも務める。

 本書のタイトル「サードウェーブ」とは、未来学者のアルビン・トフラーが1980年に出版した『第三の波』にあやかったものだ(原題はどちらも"The Third Wave")。トフラーは『第三の波』の中で、農業革命(第一の波)、産業革命(第二の波)に続いて情報革命が起こることを予言していた。

 本書でケース氏は、トフラーの言う「第三の波」、すなわち、情報化社会におけるインターネットの発展をさらに三つの段階に分けて考察している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧