ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語

【漫画】未来世紀チャイナ
~光太郎とリンのタイムトラベル物語
第6話「バブルに翻弄される美人女子大生」(1989年)

月村朝子
【第6回】 2010年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回のあらすじ]日本経済の時間旅行を続ける光太郎とリンが、次に目を覚ましたのは農園の牛舎。2人の前に現れたのは、所沢の農園主・高橋だった。当事の日本の農村は、日米貿易摩擦による牛肉・オレンジの輸入枠拡大圧力で苦境に立たされており、高橋の農園も例外ではなかった。そこへ、東京の自動車メーカーに勤める高橋の息子・竜司が帰宅。自動車摩擦のお陰で自分の農園まで窮地に陥った高橋は、「会社を辞めて農村を継げ」と竜司に食ってかかる。「貿易摩擦こそが日本企業が海外で勢力を伸ばすきっかけになった」と高橋をなだめる光太郎。一方、リンも中国企業にとっての海外進出の意味を考えさせられる。(全8話 漫画・月村朝子)

次のページ>> こちら
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語

ダイヤモンド社と株式会社シンクのコラボでお届けする「デジタル経済漫画」。第3弾は「未来世紀チャイナ」(全8話、漫画/月村朝子)。中堅百貨店の中国法人に赴任中の新人企画マン・山上光太郎は、総経理直々に、手詰まり感がある会社経営の現状を打開するための戦略レポートを作成するよう命じら、途方に暮れる。週末、ガールフレンドのリンと上海万博を訪れた光太郎は、ひょんなことから過去の日本へタイムスリップしてしまい、様々な歴史的経済事件の現場を目の当たりにする。果たして2人は、無事2010年の上海に戻ることができるの

「【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語」

⇒バックナンバー一覧