ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
クラフトビールは生き残れるか

ヤッホーブルーイング社長が語るどん底からの逆転復活劇

ヤッホーブルーイング 井手直行社長インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部 泉 秀一
【第5回】 2016年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

クラフトビール業界を牽引するヤッホーブルーイングだが、今に至るには倒産の危機から脱した壮絶な過去を持つ。復活に至った秘話から株式上場などの今後の展望まで、井手社長に存分に語ってもらった。(「週刊ダイヤモンド」編集部 泉 秀一)

——11期連続の売上高増と業績好調のヤッホーブルーイングですが、創業は1996年とそう早くはありませんね。

いで・なおゆき/1967年、福岡県出身。電機機器メーカーエンジニア、広告代理店の営業を経て、1997年ヤッホーブルーイングの創業時に営業担当として参加。ネット通販担当などを経て、2008年より現職。「よなよなエール」「水曜日のネコ」などの個性的なビールを製造・販売
Photo by Hidekazu Izumi

 当社の創業は1996年です。94年の規制緩和以降、地ビールメーカーが続々と開業され日本全国で地ビールブームが興こりました。

 時期で見ると我々は地ビールブームに乗っかったような格好です。地ビールの製造免許も全国で100番目に交付されており、決して参入も早くはありません。

 しかし、実はヤッホーブルーイングの経営方針は開業当初から他の地ビールメーカーと一線を画していました。多くのメーカーが、ビールをお土産などの観光商材として販売していたのに対し、我々はあくまで「全国展開」を目標にしていたのです。

 ですから、地ビールメーカーとして最初に缶でビールを製造したのも我々です。当時はどの地ビールメーカーも瓶でしか製造していませんでした。しかし、瓶は回収のコストがかかり、小規模メーカーでは採算が合いません。また、全国展開には、規模も必要です。開業時から製造設備は他者の10倍以上の規模を持ち、業界内で異彩を放つ存在だったと思います。

「日本に新たなビール文化を築く」

——なぜ、全国展開を目指したのですか。

 ヤッホーは、親会社である星野リゾートの星野佳路が立ち上げた会社で、彼が目指したのは大手の画一的なビールだけでない、「日本に新たなビール文化を築く」ことでした。

 星野は米国への留学時、米国で火がつき始めたクラフトビールを目の当たりにし、「この文化を日本にも持ち込みたい」と思ったそうです。文化を築くのであれば、全国展開で多くの消費者に商品を届けるのは必須です。つまり、缶での製造や巨大な製造設備は必然だったのです。

 開業当時、星野の野望を聞いた私は、ただ漠然と「よくわらかないけど、なんだか凄そうなことを言っているな」くらいにしか思っていませんでしたけど(笑)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


クラフトビールは生き残れるか

近年ブームとなっているクラフトビール。縮小を続けるビール市場の救世主として、大手も参入し始めた。しかし、小規模醸造が信条のクラフトビールが装置産業のビール業界で生き残るのは極めて難しい。クラフトビールは日本で生き残れるのか。かつての地ビールブームが終焉に至った理由や海外ビール市場との違いを分析しながら、日本のビール業界が抱える問題をあぶり出す。

「クラフトビールは生き残れるか」

⇒バックナンバー一覧